FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌酸実

080616-koaji3.jpg

鎌酸実 ガマズミ Viburnum dilatum
スイカズラ科ガマズミ属

ガマズミは日本全国に分布する落葉低木。
萌芽再生力が高いので、二次林によく出てくる種で、
降水量の多い、やや内陸部に多く出現する。
秋には赤い果実が生るが果実は稔ると甘酸っぱい。

続きを読む »

木天蓼

080614-matatabi1.jpg

木天蓼 マタタビ Actinidia polygama
マタタビ科マタタビ属

マタタビの葉が白化粧をし始めた。
白い葉の影に咲く花はまだ莟だが、
まもなく咲き始めるだろう。
みどり一色の初夏の山々に白い葉が眩しい。

続きを読む »

エゴノキ

080610-ego1.jpg

エゴノキ Styrax japonica
エゴノキ科 エゴノキ属

落葉小高木。北海道~九州・沖縄まで、
日本全国の雑木林に多く見られる。
エゴノキの花は、白色の清楚なもので長い花柄があって垂れ下がるので、
下から見上げる位置に咲いていると美しい。

続きを読む »

虫 狩

080605-kari1.jpg

虫狩 ムシカリ Viburnum furcatum
スイカズラ科ガマズミ属

ムシカリの白い花を見た。
9月には、赤い実を付け、10月には紅葉し始める。
ナナカマドと並んで山々に秋を告げる木だ。
独特のシワシワとした葉も面白い。


続きを読む »

白八汐

080601-yasio1.jpg

白八汐 シロヤシオ Rhododendron quinquefolium
ツツジ科ツツジ属:別名 五葉躑躅

八方ヶ原の剣ヶ峰から大入道にかけて、登山道沿いに白八汐が咲き乱れるという。
樹高は、普通4~7mとされているが、幹周りも太くかなりの巨木が見られ、
私の中の躑躅の概念が覆された。
花も清楚な美しさを風にゆれて咲いている姿に、しっとりとしたやさしさを感じた。
シーズンとあり、100名を越す登山ツアーの一行には驚いたが、
素晴らしい白八汐を楽しむことが出来た。

花冠は直径3~4cm。 上側の裂片に緑色の斑点がある。
葉は別名にあるように5枚。赤い縁取りがある。

続きを読む »

木 瓜

080412-boke1-1.jpg

木瓜 ボケ Chaenomeles speciosa
バラ科ボケ属

桜が終わろうとしているが、ようやく木瓜が見頃になった。
ボケは漢字では木瓜と書くが、どうして「瓜」の字が付くのか?
バラ科だからというわけではないが、枝には刺がある。
花の色が赤白の物があるがキメラと呼ばれ、桃や皐月にも見られる。
同じ植物体に遺伝子の異なる細胞が混じっているらしい。

続きを読む »

辛 夷

080327-kobusi1.jpg

辛夷 コブシ Magnolia kobus
モクレン科モクレン属

今年の辛夷はちょっと遅いようだ。
鳥はいないかと逆川緑地に出掛けてみたが、
たくさんの辛夷が今を盛りに咲いていた。
美しい白に微かな赤紫。美しい花と思う。
落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて
白い花を梢いっぱいに咲かせる。

続きを読む »

梅花

080313-ume1.jpg

梅 ウメ Prunus mume
バラ科サクラ属

梅の都といわれる水戸に住んでるので、
春がくれば梅を撮らねばならない。
という訳でもないが、満開の梅を撮った。
私は、一重の白い梅が梅らしいように思う。

続きを読む »

夜梅祭

080305-ume1.jpg

「夜梅祭」 水戸市偕楽園

「三月八日、新月の夜。一年に一夜限り煌く、夜の偕楽園。
梅の香りと仄かな灯りで彩られた自然のイリュージョン・・・。」
とパンフレットのうたい文句に誘われ「第3回夜梅祭」を観た。
茶道石川流の茶席もあったが、200枚の茶席券は、
発売とともに売り切れとのことだった。
予想以上の混雑にすこしおどろきの夜だった。

続きを読む »

馬酔木

080205-asebi1.jpg

馬酔木 アセビ Pieris japonica
ツツジ科アセビ属

山の斜面には馬酔木の花が咲き出していた。
常緑低木。樹高は1~7mになる。
花は釣り鐘型で白いが、萼の色は緑色や赤など変化する。
同種の変種として花が淡紅色のアケボノアセビがあり、庭木などにも植えられている。
漢字名を「馬酔木」と書くのは、馬が食べると酔った状態になることからの当て字なので、
読めなくても不思議ではない。


続きを読む »

素心蝋梅

080112-roubai1.jpg

素心蝋梅 ソシンロウバイ Chimonanthus praecox f. concolor
ロウバイ科ロウバイ属 

先日もUPしたが、これは違う場所。
県植物園の蝋梅。
見事に咲いていたので撮ってしまった。


続きを読む »

素心蝋梅

080106-roubai1.jpg

素心蝋梅 ソシンロウバイ Chimonanthus praecox f. concolor
ロウバイ科ロウバイ属 

年明けにいち早く蝋梅が咲き出した。
もっと早く年の瀬だったのかもしれない。
ちょっと咲き進んでいたが何とか間に合ったようだ。
撮影しながらとても良い香りが一面に漂っていた。

続きを読む »

梅開花

080105-ume1.jpg

暖かい日差しに誘われるように、
偕楽園の八重寒紅梅が開花した。
春近しといったところか。
来月に入れば恒例の観梅も始まり、
たくさんの梅見客で賑わう園内もまだ静かだった。
(9日水曜撮影)

続きを読む »

灯台躑躅

0712012-doudan1.jpg

灯台躑躅 ドウダンツツジ Enkianthus perulatus
ツツジ科ドウダンツツジ属

2007最後の〆は灯台躑躅の紅葉。
ちょっと前に撮った物だが、年を越してしまうと
UP出来なくなるので最後にUPすることにした。
07年を振り返れば、
暑い夏があり紅葉も遅れたがまずまず美しかったと思う。
皆様良いお年をお迎えください。

続きを読む »

好文亭Ⅱ

071209-koyo1.jpg

好文亭周辺の紅葉。
今年は、夏が暑かったの心配された紅葉も、
何とか美しく見られたようだ。

続きを読む »

山茶花

071117-sazanka1.jpg

山茶花 サザンカ Camellia sasanqua
ツバキ科ツバキ属

椿の花に似るが、山茶花は冬に花をつけ、
花びら一枚一枚が散る。
椿(藪椿)は春先に花をつけ、花ごと散る。
今年も美しい山茶花が咲いてました。
白い山茶花は好きな花です。

続きを読む »

公孫樹

071119-ityo-k1.jpg

公孫樹 イチョウ Ginkgo biloba
イチョウ科イチョウ属

中国原産の落葉高木。高さは20~30m。
葉は扇形で葉脈が付け根から先端まで伸びている。
また、葉の中央部が浅く割れている。ご存知イチョウ形。
広葉樹のように思われるが、いわゆる針葉樹である。
裸子植物の一種。裸子植物門イチョウ綱の中で唯一の
現存している種である。
今年は、水戸歴史館、筑波洞峰公園、笠松運動公園と、
三箇所撮影したが、一番綺麗だった運動公園をUP。

続きを読む »

燃える

071114-momiji1.jpg

もみじ谷

水戸偕楽園の近く、「もみじ谷」と呼ばれる谷がある。
普段はあまり訪れる人も少ない場所だが、
この初冬の季節には、紅葉狩りの人々で賑わう。
今年もちょうど見頃とotomeさんに教えて頂き出掛けてみた。
紅葉葉楓とはまた違った、日本の秋といった風情だ。

続きを読む »

紅葉葉楓

071111-rakuu1.jpg

紅葉葉楓 モミジバフウ Liquidambar styraciflua   
マンサク科フウ属 別名アメリカフウ

北米中南部・中米原産の落葉高木。
大正時代に日本に渡来、街路樹、公園樹としてよく植えられている。
葉の形は,カエデの仲間ににているが、
カエデは葉が必ず対生なので容易に区別できる。
とにかく葉が大きい25cmほどもある。

続きを読む »

百日紅

070921-yuhi1.jpg

百日紅 サルスベリ Lagerstroemia indica
ミソハギ科サルスベリ属

夏に別れを惜しむように百日紅が咲いていた。
そして、まだまだ夏の太陽が今、沈もうとしていた。
約100日間、ピンクの花を咲かせるのが名の由来。
今年は、例年になく暑かったので遅くなって咲き始めた花も多い。

続きを読む »

前頁  | Main |  次頁

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。