FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫟 茸

091018-kinoko1.jpg

櫟茸 クヌギタケ Mycena galericulata
キシメジ科クヌギタケ属

一本一本は華奢なきのこだが、
おおきな株になると独特の美しさが出てくる。
食用とのことで酢の物などにして食べられてるようだ。
山道脇の朽ち木にたくさん生えていた。
どうもこのように群生してるきのこは撮ってしまう。

091018-kinoko2.jpg

091018-kinoko3.jpg

091018-kinoko4.jpg

091018-kinoko.jpg

啄木鳥 | Main | 浜 菊

コメント

朽木に

群生してました?
去年ガイドの案内で行った茸狩りでも、くぬぎに群生してました~
きのこの群生を見つけたら、どうも採ってしまいます(苦笑)
鑑賞より食い意地ね。

mama さん

mamaさん 、クヌギタケ食べたんですか。
お味のほうはどうでしたか。
自然の風味たっぷりで店で売られてるものとは違った、
感じでしたでしょうね。
今年は、夏の終わりに雨が少なかったので、
山のきのこは不作だったようです。

おはようございます

たくさんのきのこですね~!
一つ一つは小さいんでしょうか。こんなにあると採りたくなっちゃいますね。
でも毒キノコかどうかの判別が出来ないのでキノコには触らないようにしています(笑)
里山に行った時キノコ狩りの人に会いました。
普通の人が歩かない急斜面を下って行きました。キノコを採るのも大変だなと思いました。

こんにちは

クヌギタケは食用になるのは知ってましたが食したことはないんですよ。
どんな味で食感はどうなんでようね、見つけたら取ろうなんて思ってませんよ(笑)。

キノコも写真にすると芸術品にみえます、きっと和さんの腕がなす技なんでしょうね。
いつも素晴らしい写真を見せてくださり有難う。

可愛いクヌギダケ 小人見たいですね~
森の小人が勢ぞろいですね~
夜になったらみんなで踊りそうですね
森の木陰でドンジャラホイ、♪ ♪

秋はキノコ採り名人だった亡父を思い出します

可愛いですね~
キノコもこれだけ群生していると絵になりますよね。
知らないキノコは食べたくないけど これは美味しそうです~~
自生のナメコなども売られているものとは味も全然違いますよね。

今月のトップの写真と同じ茸ですか?
こんなにたくさんの茸を見たら撮りたくなりますよね。
1本でも撮ってくる私です。
朽ちて苔生した木に
まさに木の子供たちですね。
きょうはハマギク見て来ましたよ。
ツワブキとハマギクがすごかったです。

☆きのこ・・

これは可愛いきのこですね
見た目のいいきのこは、もしや毒? と思って撮っても採りません。
でもこれは食べられるんですね
昔、富士山の麓にキノコ狩りに行ったことがありますが
見つけるたびに、キノコ博士(?)に食べられるか聞いて採った記憶があります

oli-bu2 さん

そうですね、毒キノコかもしれないので、
野生のキノコは食べない方が無難かと思います。
それでも毒のあるきのこは数的には少ないようです。
以前は、網茸や初茸など採りましたが、
最近は、撮るだけににしています。

えったん さん

クヌギタケは食用と知ってたんですか。
誰かキノコに詳しい人がいるんですね。
なかなかこのキノコを食べた人は、
そんなに多くないと思いますよ。
私の場合は見かけて可愛らしいキノコを、
撮ることにしています。

カンナ さん

クヌギタケはとても可愛らしいですね。
枯れ木にそってそっちにもこっちにも、
出現しています。
こんなきのこを見つけると
つい撮ってしまいます。
誰もいない夜になると踊ってるかも知れませんね。

fairy ring さん

美味しそうですか(笑)
これがほんとうにクヌギタケかどうか自信がありません。
きのこ博士館という県の施設があり、
持って行くと鑑定してくれるので、
持って行ってみますか。
自生のなめこは食べたことがあり美味しかったです。

otome さん

トップの写真は、以前御前山で撮ったものですが、
今回は、男体山にありました。
山は違ってもきのこは同じなんですね。
たくさんありましたよ。
きょうは、違った種類を撮りました。その内UPします。
石蕗と浜菊見てきたんですか。
天気が良かったので海も青く良かったのでは・・・。

hirorin さん

クヌギタケは可愛らしいきのこです。
比較的いろいろな場所に出るようですよ。
酢の物などにして食べてる方もいるようです。
富士山麓でキノコ狩したんですか。
キノコ博士といっしょだったら安心ですね。
なかなか素人では見分けが難しいものもたくさんありますね。

茸をゴチになりました

南高麗の友人が秋になると茸を下さいます。
裏のお山で採取するヒメサクラシメジ、モミタケ
クリタケなどで…今年も美味しく頂きました♪
クヌギタケ 小さいけれど群生していると
絵になりますね。 
埼玉に来て、茸狩りが遠のいて寂しいです。

かえで☆さん

サクラシメジ、モミタケはこちらでも採れます。
モミタケは名の通り樅の木の下に生えてました。
サクラシメジはほんとに桜色。
裏紅布袋占地(イッポンシメジ)といっしょにあります。
茸狩りが好きですか。
見つけたときの嬉しさはいいですよね。
最近は、撮るだけになってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/889-b34ed6d0

啄木鳥  | Main |  浜 菊

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。