FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥久慈男体山

091013-nanntai1.jpg

奥久慈男体山
茨城県久慈郡大子町 645m

男体山は筑波山とともに、山の少ない茨城県にあって、
県を代表する一等三角点の山で、南台山などの別名がある。
往時は女人禁制の山で、山頂には大岩石をご神体とした、
男体権現が祀られている。
大円地からの登山コースは、健脚と、一般コースがあるが、
健脚コースは、クサリ場などもたくさんあり低山ながら面白山いだ。


この日は朝から霧が立ちこめ山も霞んでいた。
091013-nanntai2.jpg


紅葉はまだ早く、11月になってからか。
091013-nanntai3.jpg

山頂直下はこのようなクサリ場が連続して続く。
091013-nanntai4.jpg

091013-nanntai5.jpg


山頂からの眺めも春のように霞んでいた。
091013-nanntai6.jpg

先週の那須岳では冷たい強風にふるえていたが、今週はTシャツ一枚でも汗が流れた。
真 弓 | Main | 亀甲白熊

コメント

昨年は11月初めでしたが綺麗な紅葉でした。
今年も行ってみたいと思ってます。
登り口の茶畑近くのお蕎麦屋さん、美味しいそうですよ~
秋の里山風景も見ながら山歩きも楽しめるふるさとの山は良いですね。

山登りできななくなった分・・
いつも和さんの写真で楽しませていただいてます
美しい景色に珍しい花々~~
いつ見ても感動します

こんにちは^^

健脚コース・・・私は、遠慮して一般コースかな・・・
だけど、一般コースも無理かもしれない(笑)
高いところに登って見晴らしのよい景色を撮る。
素敵ですよね^^
足の弱い私は、山に登るよりも和さんの写真で行った気になります^^
いつも素敵な写真をありがとう♪

otome さん

そうですね、11月になってからがいいかと思います。
これからだんだん色付いて来るようですよ。
この季節は登山者もまだ少なかったです。
亀甲白熊をいい状態で見たかったので登りました。
まだ、動物たちも元気でニョロに二匹も遭ってしまいましたよ。

ぱふぱふ さん

山登りはしないんですか。
最近では、各地でリフトやロープウエイで登れる山も多いので、
そんな場所へ行かれたら如何でしょう。
もっともこの時期は、何処も大変な混雑でしょうから、
行かないほうがいいかも知れません。

あられ さん

一般コースでしたら小さい子供からお年寄りまで、
誰でも登れるのでOKです。
写真だけ見てるよりやはりご自分で、
出かけたほうがいいですよ。
それなりに平坦な山もありますから、
何処か出かけてください。

v( ̄∇ ̄)v

随分、霞んでいたのですね
山頂からの眺め、晴れていたら^(ノ゚ー゚)ノ☆スバラシイ・・(*゚ー゚)>のでしょうね

                   素敵な写真を(^人^)感謝♪

suta さん

この日は、出掛ける時からすごい霧でした。
朝のうちはまだ霧が残っており、
山は霞んでいました。
この季節とは思えない春のような山でした。
気温もとても高く。夏のよう。
久しぶりに気持ちいい汗をかきました。

最後の写真

まるで東山魁夷の画のようです。
幽玄にして静謐。

mama さん

なかなか趣きある風景でした。
紅葉にはちょっと早かったのですが、
春のようなほんのりとした気分が味わえました。
今年の天候は、寒かったり暑かったりです。
冬はどうなるのでしょうね。

このくらいの標高で

こんな見晴らしと鎖場もあるなんて、いい山ですね。
この時期の山歩きは天候によって寒暖の差が大きいので、服装の準備が大変ですね。
こんな季節にまだ<ニョロに二匹も遭って>しまうなんて、和さん、¥運がいいかも!?(^0^)
<亀甲白熊>↓の可憐な花もステキでした。 かなり小さな花なんですね?

宮星 さん

健脚コースは、一枚目の写真の岩壁を登ってゆくので、
上の方はクサリ場が連続します。
なかなかいい山ですよ。ぜひ一度お出掛けください。
これから冬の陽だまり山行きには最適です。
先週の日曜は、暑いぐらいだったからでしょうか?
ニョロくんが多かったですね。
ちょっと前に他の登山者が通ってる登山道にいましたからね。
キライだとよけい見えてしまうのかもしれません。
亀甲白熊は、今本県の山各地に咲いてます可愛らしい花です。

645mと言えども

凄い景色ですね~健脚コースの鎖場は!
それにしても僅か 645mなんですね~?
朝霧の烟、地元のお山~良いですね♪

かえで☆さん

奥久慈男体山は、名峰です。
こちらではかなり人気の山ですね。
標高こそ無いのですが、
登山路は変化に富数多くの方が、
何度も登っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/884-9582860c

真 弓  | Main |  亀甲白熊

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。