FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深山鶉

090902-uzura1.jpg

深山鶉 ミヤマウズラ Goodyera velutina
ラン科シュスラン属

葉に白い斑点があり、ウズラの卵を思い起こさせるところから名がある。
花は産毛があり、小鳥の雛に見えることもある。
毎年この花を撮っていた場所が盗掘にあったようで、
今年は一本も見当たらなかった。常緑で冬の花の無い時期でもわかるので、
すべて持ち去られてしまったようだ。写真の花は違う山で撮ってきた。


090902-uzura6.jpg


蔓竜胆 ツルリンドウ T.japonicum
リンドウ科ツルリンドウ属

花はちゃんとした竜胆の花だか、茎が蔓でひょろひょろと伸びている。
山々からも竜胆の便りが聞かれ、この花を見ると秋を実感する。
090902-uzura3.jpg

090902-uzura4.jpg

090902-uzura5.jpg
奥紅葉白熊 | Main | 相思鳥

コメント

まー

盗掘で無くなってしまったの?
酷いことをするねー。
毎年楽しみにして写真を撮るだけの人がいる一方で
移植したら、枯れるかもしれないのに、根こそぎ盗る人が居る。
花も生き物なのに。悲しいね。

ツルリンドウ可愛いですね~
地元のお山も涼しくなってきてら歩けるようになりますね。
真っ赤な実も楽しみなツルリンドウです。
こうなるとそろそろセンブリの姿も見られますね。
盗掘は悲しいですね。
買う人がいるからとって来て売る人がいると言う事で
我が家でも安易に山のお花は買わないことにしました。


mama さん

かなり大規模な盗掘なので、
園芸業者の犯行と思われます。
山野草がお金に見えて美しさなどは二の次なんでしょうね。
悲しいことです。
ラン科の花は、人気があるので狙われやすいですね。

otome さん

ツルリンドウが近くの山でも見られるようになりました。
そろそろセンブリも咲き出します。
ツルリンドウは真っ赤な実でしたか?
そういえば以前、小木津自然公園でたくさん見ました。
筑波山には、真っ赤な実。多分ユキザサだと思いますが、
たくさん見られました。後日UPします。
山採りと云って平気で売ってる所がありますね。
買わないほうがいいと思います。

v( ̄∇ ̄)v

ミヤマウズラ、初めて見ました(゚・゚* ホレボレ
小鳥が今にも飛び立とうとしているみたいです。
ツルリンドウ、とても可愛い花ですね。

                  素敵な写真を(^人^)感謝♪

suta さん

初めてご覧になりましたか。
この花は、標高の低い里山や、海岸線の松林などでも見られます。
今回、葉の写真が無いんですが、
葉が鶉模様で、常緑なので花の無い時期にもすぐにわかります。
花は、蘭の花ですが、控えめな美しい花です。
ツルリンドウも里山で見られるようになりました。

こんにちは。
山野草は自然の中で愛でたいですね。
鉢植えの野草は魅力がないです。

京花 さん

山野草は、鉢植えに熱を上げてる方もたくさんいますね。
自然を取り込んだ小さな宇宙。
そんな想いからでしょうが、
やはり自生の地で見たほうが活き々と美しく思えます。

また珍しい花ですね・・どこにでもいるんですね盗掘
自然で楽しむ以外に何が魅力なんでしょうね・・
最近は野草も高値で取引されていると花屋さんの話
すべてはお金がらみなんですね・・
心をなくしたり貧しくなった国民が多くなってますね

美しい素敵な花ありがとう、

こんにちは。
私も毎年通ってる所がありますが、フデリンドウの花が
少しずつ少なくなっているように思います。
エビネもそうですね自生地で見つけた時の
あの何とも言えない気持ちは本人しか分かりませんね。

ぱふぱふ さん

北関東の私の県ではたくさん見られます。
人の手の入らない場所では、
時として群生も見られますが、
最近は少なくなってますね。
盗掘については、冬も枯れない常緑の葉が、
災いしてるとおもいます。
特徴的な葉なので冬枯れの山で見つけやすいですね。
だんだんと自生が少なくなる花ですね。

m_tone さん

こちらではフデリンドウは、まだたくさん見られます。
盗掘の対象にはなってないように思います。
エビネは、以前たくさんあったのですが、
最近では、ほとんど持ち去られ自生を見ることは稀となりました。
エビネは、家庭でも育てられることが災いしてるようです。

ミヤマウズラ可愛い花、小鳥がとびたつように羽をひろげてますね
実物はまだ見たことがありません。 ツルリンドウは撮ったことが
あるように思うのですが~あいまいです。
山野草は花だけ撮っても葉がないと似ている花は名前を
探すのに困りますね。草花の名前覚えるより、忘れる
ほうが早くって困ります。
ミヤマウズラ、会いたいです

カンナ さん

そんなに珍しい蘭ではないので、
きっとカンナさんの近くの山にもあると思います。
そんなに標高の高い場所ではなく、500mぐらいの所にあると思います。
ミヤマウズラの葉は特徴があるのでよくわかりますよ。
山野草の花は似たものが多いので、
葉を撮るようにしています。
後で探すのにとても役立ちますね。

こんにちは

盗掘、残念な話ですね。
このままだと、かわいい花は
みんななくなってしまうのではないかと
心配になってしまいます。
まあ、それだけミヤマウズラの花が
かわいいと言うことなんでしょうね。

このランは菌がなくても育つランなのでしょうか?
キンランギンランは持っていってもみな枯れると言いますね。

石付けとか苔玉などと言って、山野草を楽しむ講座が人気ですね。
素敵にデザインするのが面倒で、そのまま鑑賞する方が開放感を感じます。
何と言っても自生が見られたら・・・それが最高ですね!

xiao さん

そうですね。そんなに派手な花ではないのですが、
可愛らしい花と思います。
盗掘しないで山で見てほしいと思いますが、
自宅で育てたいと思う山野草愛好家も多いんですよね。
困ったことです。

とんとん さん

キンランギンランは、半腐生植物ですから、
土中の菌根菌が落ち葉や動物の死骸などの有機物を分解して、
生産する炭素源にも依存しているんですね。
移植は困難なので販売もされてません。
ミヤマウズラなど蘭は移植可能なようですが、
やはり自生を見るのがいいと思います。

葉は見掛けるのですが

ミヤマウズラの開花した花には出逢えません。
常緑の葉は鶉模様で、直ぐに見つかりますよね。
昨年花の枯れた状態のを偶々1本見つけましたが…
一度も花の咲いたのを見てません。残念!!

ツルリンドウの花~薄紫色で美しく撮れましたね~♪
昨年の場所でも未だ見ていません。(^◇^;)

かえで☆さん

季節が他の花より遅いので、
なかなか開花時期に出会うのは難しいのでしょうか。
そろそろ終期のようです。
葉は常緑なので冬枯れの山でも良く見かけます。
自然の状態でしたら群生もするんですよ。
ツルリンドウは、近くの里山でも見かけるようになりました。
可愛い花ですね。

あれ?
ゴーストバスターズに出てくるお化けに見えてきたのは私だけ??
表情が見えてきませんか??

symmetric rose さん

そういわれるとゴーストバスターズに、
こんな感じのものが出てきたような気もします。
ブタが飛んでるとか云う方もおりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/859-92c098b1

奥紅葉白熊  | Main |  相思鳥

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。