FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津駒ケ岳

090812-koma1.jpg

会津駒ケ岳 アイヅコマガタケ 2133m
福島県桧枝岐

尾瀬の北方にそびえる会津駒ケ岳は、会津を代表する名山として知られ、
たおやかな稜線の山頂付近一帯には広大な高層湿原が広がり、数々の地溏がちりばめられている。
登山口からがいちばん急な登りで、山頂に近付くほど緩やかな傾斜になる。
山頂付近が草原状で、丸みを帯びた女性的な感じのする山だった。
正面の池の向こう、なだらかな山の頂が駒ケ岳山頂20分で行ける。
中門岳へのコースは巻いても行ける。

090812-koma2.jpg


090812-koma3.jpg

山頂から北に伸びる中門岳(2060m)のなだらかな高層湿原の稜線は、
複線の木道が何処までも延び地溏が点在し、高山植物の咲き誇る様はまさに天上の楽園だった。
090812-koma4.jpg

090812-koma5.jpg

090812-koma6.jpg

090812-koma7.jpg

中央の尖った山が燧ケ岳(12356m)右が至仏山(2228m)間にちょっとだけ尾瀬ヶ原も見えた。
090812-koma8.jpg

090812-koma9.jpg


090812-koma10.jpg

天井の楽園でゆっくり時を過ごしたい方は、山頂すぐ下にある「駒の小屋」を利用してるようだ。
素泊まりだけだが布団も用意されて売店もある素敵な山小屋だ。
090812-koma11.jpg

090812-koma12.jpg
毛氈苔 | Main | 鳴 蜩

コメント

素晴らしいですね~~
青空・・・天上の楽園の表現がぴったりです。
台風の影響で登山道が歩きづらかったことは無かったですか?
山の会でも何度か計画があったんですが都合が悪くて行けなかったです。
人影が見えないですがあまり登山者はいなかったんですか?

どの写真も良いですね。
実際に行って見たいです。

お花の姿が見えますね~~楽しみです。

otome さん

登山道は、あまりぬかるみも無く、クサリ場もなく歩きやすかったですよ。
あまり人影が見えませんが広いので散らばってるのでしょう。
駒の小屋に泊まる方もいるので午後から登る人、朝下りて来る人で、
林の中の登山道にたくさん人がいます。
6時に登山口に着いた時は、すでに駐車場はいっぱいでした。
コースタイムで駒の小屋まで3時間になってますが、実際には、2時間30分でした。
早朝出発すれば充分日帰りが可能です。
中門岳の湿原で写真を撮ったりゆっくり過ごせました。
お目当てのハクサンコザクラはすでに終わって見えませんでした。
今度は、やはり6月下旬に行って見たいと思いました。

会津駒ケ岳

ここがそうなんですか~!
本当に女性的な美しい所ですね~♪
木道を歩いて行けるなら…
私でも頑張れそうな気がします!
お写真からは清々しい空気が伝わって来ます、
どれも心が癒される風景です事。
高層湿原は憧れますね。 お花が楽しみです。
6月下旬がbestですか? 色々重なりますね!

かえで☆ さん

車から降りて直ぐに木道ではないですよ。(笑)
登り3時間の林間コースがありますが、クサリ場なども無く、比較的楽なコースです。
白根山などは登るほどに斜面が急になり、
コースによっては岩場を這い登る場所もありますが、
会津駒は、登山口が急勾配で登るにしたがい簡斜面になり、
頂上はなだらかな草原のようなとてもやさしい山です。
かえで☆さんでもじゅうぶん大丈夫でしょうね。
とても素敵な山なのでお勧めです。
駒の小屋は他の山で働いていたご夫婦が経営されてますが、
とても人気のある山小屋で利用される方も多いようです。

素敵ですね

最後から2枚などアルプスの少女ハイジになった気分になりました。
こんな山の空気を味わうと下界には戻りたくなくなるでしょうね。
駒の小屋 泊まってみたいです。

KAEDE さん

ハイジは、もうちょっと標高の低い?そうでもないのかな。
でも羊がいる場所ですから。
ここは、いちおう2000m以上の場所ですから。
往復に時間がかかるのであまりゆっくりもしてられません。
そうなると小屋泊まりですね。
素泊まり3000円。ペットボトルの飲み物は400円です。
美味しい珈琲も飲めるようですよ。
朝日と、夕焼けのおまけ付です。

天上の楽園

ピッタリの名前ですねー。
小さな池(実際は大きい?)が点在して涼しそう。
山小屋も外国の山のホテルみたい。
お布団もあり、って他の山小屋にはないの?

mama さん

山小屋はあまり利用したことが無いのでよくわかりませんが、
普通、寝袋持参ですよ。
管理人のいる小屋と無人の小屋とありますが、
無人の所は板の間だけです。
こんな風景の中に建つ山小屋はとても素敵に見えますね。
mamaさんも一泊どうですか。

いいお天気にいい山に登られましたねー!!
こんなステキな写真を見せられると、是が非でも登りに行かなくっちゃぁ・・・と思ってしまいます。(^0^)
私のところからですと相当早起きしないと日帰りは難しいかなぁ・・・
桧枝岐あたりで一泊してゆっくり行ってみたいですね。

素晴らしい眺めですね・・・
今朝はようやく夏らしい・・
からっとしたさわやかな朝でした
まるでこの写真のような気温で空気で
高原を思い起こさせるような朝
やっと夏らしい夏です。

美しいですね

青い空を映す水の色を囲む
山の緑、
白い雲が広くて高い空を教えてくれます。
おっしゃるとおり、なだらかな斜面が
やさしさを感じさせてくれる山ですね。

こんにちは。

快晴に恵まれ最高!ですね。
天上の楽園
ユックリ、マイナスイオンを吸いながら。
なんか、私でも登れる気持ちになり
山小屋にも一泊したいですね。
(何時か、夢が叶うといいね。)





こんにちは~今日は、お墓参りに行ってまいりました。会津駒ケ岳目の覚めるような天上の楽園…空の青と池の藍色、素晴らしいです。絶対行ってみたい!

気持ち良い風景写真ですね!
女性的な感じのする山・・・まさにそんな感じですね。

池があちこちにあるのかな?
池に映る空や山も素敵でしょうね~。
テカリもなく、とっても綺麗な水面。フィルター使用ですか?

爽やかな風を感じますが、暑いのかな?^^;
高山植物を撮りには行きたいですが、
二枚目の勾配を見ると、このお山でも私はダメかも~~(^^ゞ

水の色は深いブルーでしたか!
ステキですね~、気持ちがいい。

山小屋の売店で、食事になるようなもの売っているのですか?
何食分も持って上がるのは大変ですもの。
昔の山小屋は次の日のお結びを作ってくれたりしましたね。

宮星 さん

先週の土曜か、日曜に行こうと思っていたのですが、
不安定な天気で行けなかったので、
晴れるのを待って行って来ました。
以前から行きたかった山ですがやっと登れました。
とても素敵な山なのでお勧めです。

ぱふぱふ さん

やっと夏らしくなりましたね。
駒ケ岳は12日から盆休みに入ったので、
晴天を待って行きました。
すごく気持ちいい登山でしたよ。
汗もたくさん流しました。やはり夏はいいですね。

xiao さん

青い空と夏の白い雲が気持ちいい山でした。
会津駒ケ岳は、素晴らしい湿原があるとのことで、
一度登りたかったのですが、
やっと行くことが出来ました。
うわさ通りとてもなだらかな斜面で、
何処まで木道が敷き詰められ会的な登山でしたよ。

バンビ さん

まさに天上の楽園でした。
出来ることなら下山したくなかったですよ。
美しい時間が何時まで続けばと、
思わせるような山でした。
バンビさんなら登れますよ。
小屋も、素敵な駒の小屋が待ってます。

チャングム さん

今日はお墓参りでしたか。お盆ですからね。
故人を偲ぶことはいいことと思います。
会津駒ケ岳素敵な山です。
ぜひ、何時か登ってください。

nonnno さん

空気がひと味違うといった感じでしょうか。
とても素敵な山でした。
風景を撮るのにフィルターは使っていません。
ROWで撮ってるので心配無いようです。
気温はさほどでもないようですが、
直射日光を受けて歩いてるので、
汗はかなり流しました。
二枚目は、さほどの勾配では無いのですよ。
登り始めがかなり急な勾配ですが、
山頂に近付くにつれゆるくなるので、
とてもやさしい感じの山でした。

とんとん さん

水は透明な水でしたが、空の青さを映してるので、
とても青く見えます。
地溏はすごく浅いんですよ。
山小屋で売ってるのは、インスタント食品だと思います。
ペットボトルが各種400円ですから、
他のものもそのような値段と思います。
北アルプスの大きな山小屋では

会津駒ケ岳、花あり展望ありで良い山です。
花の最盛期は7月でしょうか。
ハクサンコザクラを見られなかったのは残念でしたね。

私達は今年も計画していたのですが歩く機会を逸しました。
紅葉時期にでもと考えてます。

yamasanpo さん

紅葉時期は、一面の草紅葉が綺麗かと思います。
今回は、行こうと思ってるうちにこの時期になってしまいました。
週末の雨が多かったのでなかなか行けませんでした。
ちょっと、花の時期には遅かったようです。
花はやはり雪解けの6月下旬がベストかと思います。
奥様は、尖った山が好きだそうですが、
会津駒ケ岳は、クサリ場も、梯子も無い山ですよ。
その点では、甲斐駒ケ岳のほうがいいかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/835-db87236b

毛氈苔  | Main |  鳴 蜩

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。