FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女峰山の花たち

090701-sonota1.jpg

嶺桜 ミネザクラ Prunus nipponica Matsum
バラ科サクラ属

花はすでにかなり散ってしまっていた。満開の見頃は、2週間前ごろだったろうか。
亜高山から高山帯の下部まで生えるので、高嶺桜ともいう。
雪解けとともに、赤褐色の新葉と同時に径2~2.5cmで、淡紅色の5弁花を1~3個散形状につける。
分布は北海道や本州の中部以北。いちばん遅くに見られる桜だろうか。

お届けしてきた女峰山の花たち今回で最終回です。
ご覧頂き、またたくさんのCMありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------------------
岩髭 イワヒゲ Cassiope lycopodioides
ツツジ科イワヒゲ属

茎は長く5~8cm地を這い、細かく枝分かれしていてもツツジ科。
花冠は壺状で先は5裂し、3mmほどの白。下向きに咲く。先にUPした栂桜に似ている。
090701-sonota2.jpg

苔桃 コケモモVaccinium vitis-idaea
ツツジ科スノキ属

北海道から九州にかけての亜高山や高山の岩場や林縁に生え、
これから白~淡桃色の小さな花をつけ、秋には真っ赤な実を付ける。これもツツジ科。まだ莟だった。
090701-sonota3.jpg
莟を付ける前は葉が真っ赤だった。
090701-sonota4.jpg

小深山傍食 コミヤマカタバミ Oxalis acetosella
カタバミ科カタバミ属

亜高山帯の林内や林縁に生え、花は径2~3cmの白色で、花びらのすじが、
淡紅紫色を帯びて全体がピンクに見えるものもある。今回は唐沢小屋(2200m)付近にたくさん群生していた。
090701-sonota5.jpg

三葉黄蓮 ミツバオウレン Coptis trifolia
キンポウゲ科オウレン属

亜高山~高山帯の針葉樹林内や湿原などに生え、茎の高さは5~10cm。花茎の先に直径7~10mmの白色の花を1個つける。
花弁に見えるのは萼片。帝釈山からの下りの林内にたくさん群生していたが、すでに花期を過ぎ果実が出来かかっていた。
090701-sonota6.jpg

金梅草 キンバイソウ Trollius hondoensis Nakai
キンポウゲ科キンバイソウ属

キンポウゲ科の多年草。茎は高さ40~80cm。葉は円形で光沢があり、
3全裂し、鋭い鋸歯(きょし)がある。花は鮮黄色。黄色の花は大きなミヤマキンバイもあった。
090701-sonota7.jpg
駒 繋 | Main | 岩 鏡

コメント

いつもいつも勉強させていただいております!!
花の百科事典代わりみたいな感じで・・・
こうして見るとまだまだ自然の姿は計り知れないですね!!
知らない事ばかり・・・。

岩髭

今晩は~! 女峰山の沢山のお花を有難う。
岩髭~覚えましたよ♪ この葉が髭なのね?
blog始める前にどこかで撮った記憶が…!
ベル形の可愛い花…大好きです。

ミツバオウレン、ミヤマカタバミ、キンバイソウは逢えず、
コケモモには逢えました。初夏のお山は良いですね~!
d(´▽`*))))⌒☆

いろいろな

いろいろな花が咲いていますね!
岩髭、かわいいですね
躑躅の仲間ですか(^^)

3週間の違いで・・・

私の女峰山の記事へのコメントとトラックバック、ありがとうございました。m^_^m
3週間違いで女峰山にはこんなにたくさんの種類の花が咲いていたんですねー!
私が登った時はイワカガミ↓はチラホラ咲いている状況で、大半はまだ蕾でした。
一斉に咲いた状態は見ごたえがありますねー!(^0^)
同じ山は繰り返し登らない・・・と思っていましたが、季節や時期を変えて登ると違った楽しさが味わえそうですね。
大変最高になりました。

symmetric rose さん

ゆくゆくは花の百科事典になるといいのですが。
自然の中にはたくさんの驚きと感動がありますね。
特に2000mを越える世界には、
知らない花がまだまだたくさん。
これからもお届けできたらと考えてます。

かえで☆ さん

岩髭もありました。
栂桜の咲いてる場所にあったので、レレレでした。
これは白いぞ、よく見たら葉も違うし、
この葉は花の無い時期に見たような気がします。
とにかくツツジ科の花が多いですね。
ツガザクラ、イワヒゲ、コケモモ、今回は見ませんでしたが、
アカモノもあるしベル形の小さい花は難しいです。
ミツバオオレンはたくさんあったのですが、
花期が過ぎてました。
黄色い花は大きなミヤマキンバイもあったんですが、
撮れませんでした。

しーたけ さん

ツツジ科の仲間はたくさんありました。
ツガザクラ、イワヒゲ、コケモモ等。
みんな似てるベル形なので、
同定が大変です。

宮星 さん

お越し頂きありがとうございます。
山は標高が違うので花の咲く時期がそれぞれですね。
イワカガミは、鹿沼の近くの石裂山で、
5月の連休には咲き始まります。
那須岳では、6月初旬頃がいいかと。
私は花の多い時期に登りたいと思ってるのですが、
時期が重なる山もたくさんあるので、
何年もかけて登ることになりますね。
情報の交換はとても大切と思っています。
今後ともよろしくお願いします。

ありがとう

たくさんの珍しい高山植物の写真、楽しませていただきました。
ほんと、百科事典みたい。
お勉強になりますた。感謝!

ひぇ~~え・・まだ桜が見られるなんて・・
さすがに山ですね・・・
沢山の見たことのない花花~~
感動する場面・・・素敵でした

mama さん

こちらこそ、またかよーと云わずに、
見ていただきありがとうございました。
その内梅雨でも明けたらまた山登りしたいと思いますので、
よろしくお願いします。

ぱふぱふ さん

さくらに狂ってる方は見たいでしょうね。
嶺桜はファンが多いようですよ。
この季節花はたくさん咲いてるので、
山はいいですね。まいた行きますよ。

こんにちは

次から次にいろいろな花が出てきますね。
知らない花ばかりで、とても勉強になります。

女峰山のお花たちをたっぷり楽しませてもらいました。
もう夏なのに桜が咲いているのですね。
まさに「高嶺桜」ですね。
苦労して山に行った人だけが味わえる醍醐味ですね。

お山の花は、タイミングによってあっというまに違ってしまいますね。
1週間、10日違っても見られないですよ。
峰桜奇麗ですね~
名前を知ったのは丹沢に行った時に教えてもらいました。

イワヒゲは初めてです。
同じ様なベルの形のお花がいろいろあってなかなかわからないです。
今度であった時にはきっとわかると思います。



多摩NTの住人 さん

勉強になりますか。ありがとうございます。
こちらも知らない花が多いので、
山に登るのが楽しみです。

KAEDE さん

嶺桜はとても人気がありますね。
里に夏が訪れる頃雪の消えた山で見られる桜です。
この花を見に登山する方も多いですね。
女峰山はもうちょっと早い頃が良かったですね。
なかなか全ての花がいい状態というのは、難しいですね。
今回は、栂桜と岩鏡がベストな状態でした。

otome さん

そうなんですね。
一週間違うと花がベストの状態でなくなってます。
その辺りの儚さが魅力のひとつかも知れませんね。
嶺桜は丹沢でご覧になってますか。
何時かベストな状態で見てみたいと思っています。
イワヒゲは、花の咲いてるときはわたしも始めてです。
ベル形の花は、他にもアカモノなどもありますしとても多いですね。
今回ツツジ科の花がとても多かったです。
ツツジ科ってたくさんあるのにおどろいてます。

山に咲く花、素敵ですね~♪
可愛くてでも芯は強くて大地にしっかり根を張って・・・
知らない花ばかりですが楽しませていただいてます。
どこかでほんとに見られたらいいな(^◇^)

やはりタカネザクラとミネザクラは同じなんですね。
蓼科山では色が白っぽいのと濃いのがあったので2種類あるのかと思いました。

こんばんは。

嶺桜・今桜が見れるとは有り難いですね。
イワヒゲ・白い愛くるしい可愛い花。
どの花も素晴らしいですね。
>ゆくゆくは、花の・・・・
皆さんがおっしゃるように
百科事典になるの楽しみにしています。
沢山の知らない花、お陰様で
目で楽しみ、名前は?その時忘れても
和さんの所で拝見したことを覚えて
いたいと思います。


oli-bu2 さん

厳しい環境に育ってますから、
可憐ですがとても強い花たちと思います。
最近は、ロープウエイ等がたくさんの山にあるので、
上手に利用すれば、
安全に高山の花も見ることが出来ます。
何処かで会えるといいですね。

茜未 さん

あまり桜は詳しくないので、
ちょっと調べてみましたらそんなことが書いてありました。
どちらで呼んでもいいようですよ。

バンビ さん

里で夏を迎える頃見る桜もちょっといいですね。
イワヒゲも咲いてました。
そうですね。たくさん撮ったなら、
百科とまではいかずとも花のページをつくりたいです。
似た花がたくさんあるので、
これからもいろいろと勉強したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/812-3f928ee6

駒 繋  | Main |  岩 鏡

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。