FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女峰山

090622-nyoho1.jpg

女峰山 ニョホウサン (2483m)
栃木県日光市

林道よりこれから登る女峰山を望む。朝のうちはとても素晴らしい晴天だった。
日光表連山は、男体山および女峰山と一塊をなす山塊。
男体山と女峰山を中心に、大真名子山、小真名子山、帝釈山、赤薙山、太郎山から成る。
日光山の信仰は男体山、女峰山、太郎山の三山信仰だが、
その以前は二山信仰だったといわれる。
男体山は霊峰、女峰山は名峰である。表日光連山のやや中央にあって、
残雪を頂く容姿はまさに名峰に相応しい。連山のなかでもっとも雪が多い。

馬の背より女峰山。山頂に登山者が見える。
090622-nyoho2.jpg

ガレ場から大真名子山(2322m)を望む。
090622-nyoho3.jpg

女峰山から帝釈山を望む。
090622-nyoho4.jpg

帝釈山から女峰山を振り返る。馬の背渡りという日光三険のひとつ。
090622-nyoho5.jpg


帝釈山付近の原生林。
090622-nyoho6.jpg

下山して林道を歩いていたら鹿が見送ってくれた。車を走らせてからも直ぐ前に鹿。かなりの数がいるようだ。
090622-nyoho7.jpg
裏白瓔珞 | Main | 栂 桜

コメント

女峰山

おぉ~日光三険の一つ【馬の背渡り】なんですね!
この幅は狭いのでしょう? どの位でしょうか?
何だか背筋がゾクゾクして来ちゃいます。

山野草を写しながら…景色を眺めながら…
和さんは女峰山2483mを登られたんですね。
素晴らしい山頂でしょうね~♪
軟弱かえで☆とは大違いですネ。(゚ー゚;A)


かえで

日光登山路の三つの難所を総じて日光三険と呼ばれています。
【馬の背渡り】女峰山と帝釈山の間にある狭い尾根上の道。
【千鳥返し】志津峠と大真名子山の間にある難所。鎖と梯子が据え付けられている。
【新薙】太郎山の山肌のガレ場。
今回、馬の背渡りを歩いたので、あと二つ何時か歩きたいと思っています。
山頂から見ると登山道が見えないんですよ。
片側がかなり崩壊しており危ない感じでした。
女峰山の山頂はかなり狭かったです。昼食は帝釈山山頂が広くていいですね。

山の構造上・・荒れてゆきますね・・
最近ガレ場がどこの山も増えてるようですが・・
ここはどうなんですか・・
まったく足を入れていない地方ですので
私にはわかりませんが。・・・山はいいですね。

ぱふぱふ さん

かなり崩壊が進んでますね。
谷川のかなり上流まで砂防ダムが造られてますが、
必要なんでしょうか自然破壊に思えてなりません。
今回おどろいたんですが、林道のゲートを過ぎてしばらく行ってから、
道路が舗装されてるんですよ。その舗装が所々崩れてました。
工事のためだけに必要だったんでしょうか?税金の無駄使いにしか見えません。
ゲートがあり一般人は入れないんですから、役所と業者だけが知る事です。
ばふばふさんの所からはちょっと遠いですね。

和さんいつも単独でしょうか?
日帰りで女峰山、帝釈山登山、そして運転と疲れませんか?
戻ってブログのUPまで驚きました。
ゆっくりお休みなんてあるのかなと思います。
疲れてもすぐに行きたくなる魅力はありますね。
馬の背怖いようですね!

otome さん

単独ではありませんよ。家内といっしょです。
単独なら大真名子、子真名子まで一気にと言いたい所ですが、
今回私の方がバテ気味でした。(笑)
6月の山はとても素敵です。
これまで梅雨明けを待って登っていたのですが、
この季節に花が多いようです。
馬の背。道が何処かわからないような所ですが、
慎重に行動すれば大丈夫です。

やっぱり和さんには、Tokyo Disney Sea より
お山のほうが断然お似合いです(^_-)-☆

今頃は花も多くて、良い時期なのでしょうね。
山の上は涼しい?寒い?

最後の鹿君、振り向いた姿が印象的。
そういえば、日光で乗ったタクシーの運転手さんが言ってました。
鹿が増えすぎて、木の下のほうの葉をみんな食べつくして
木がどんどん枯れているって。

自然破壊、動物との共存・・・難しいのですね。。。。

こんばんは。

高山で、しかも登山道が狭くて危険なんですね!
奥様もご一緒だったとか・・凄いですね~

こんばんは。

合歓の木、大好きな花です。
登山
凄い山肌で見ているだけで足がすくんできます。
奥様も、同じ趣味で話が弾み良いですね。
見送りの鹿くん、可愛いけど・・・
共存は、難しいですね。

nonnon さん

先日の土曜日ですが、山の上も暑かったですよ。
朝のうちシャツを着てましたが、
歩き出してすぐにTシャツ一枚になりました。
下の方の木は鹿に食べられてしまうので、
一本一本、ネットで囲んでましたよ。
鹿の写真の左下にアップで写ってる丈夫なネットです。
鹿はたくさんいるようです。
白根山に登った時もたくさん見かけました。

京花 さん

馬の背渡りと言われてる所は、
かなり狭い道でしたが注意して歩けば大丈夫です。
最近は女性の登山者もとても多いですよ。

バンビ さん

7月は合歓の木にしました。好きな花です。
そういえば登山は夫婦共通の趣味ですね。
鹿はたくさんいるようです。
出会うと動かずにじっとこちらを見てる姿が可愛いです。
出来ることなら野生動物と共存出来るといいですね。
日光は、戦場が原などネットで、
鹿が立ち入らないように広い範囲を囲ってます。
何かいい方法があるといいのですが。

山登り~

お早うございます

写真、拝見するだけでも険しい山を御夫婦で登山うらやましです。
高い山でしか見れない花に会えますね
和さんの画像を楽しみに、みせていただきます。

カンナ さん

名の知れた山では、団体のツアーバスの登山者も多いのですが、
ちょっとマイナーな山では、ペアの登山者が目に付きます。
この日出会ったのは、私たちも含めて3組のペア。
それから大きな荷をしょった男性ふたり。小屋泊まりといってました。
途中、下山してきた人も二組のペア。男性の単独行がふたりぐらいいました。
登山者も少なくいい山でした。

女峰山・・・栃木のイチゴ女峰を想像しちゃったのは私だけのようですね
凄い山道。。。奥様健脚です!!
我が家は全員軟弱者なので無理です
原生林も立ち枯れが多いような

鹿・・・木の芽を食べちゃうので山が荒れてしまうそうですね
でもこの大きな目で見つめられると。。。可愛い

鹿肉って今まで食べた肉の中で一番美味しかったです・・はい!
この顔を想像したら食べられなくなりそうですがあまりの美味しさに忘れていました

なおこん さん

正解です~。イチゴの名前は、この山から取ったとことです。
全員軟弱ですか。そういえば山登りはしないようですね。
何だかこの場所だけ立ち枯れてました。
いったいどうしたんでしょうね?
鹿が増え過ぎて困ってるようです。
鹿って何を食べるかな?笹だったらたくさんあったので、
笹を食べればいいのにね。
野生動物もだんだん美食になってるようです。
それで里に降りて来て人間とトラブルになってるようですね。
鹿肉美味しかったですか。あまり食べ過ぎないように願います。

こんにちは

すばらしい眺め、パソコンの前に座ったまま
こんな景色を拝見するのは、ちょっと申し訳ないくらいです。
鹿の数が増えてきたと言うのは聞いたことがありますが
車道の近くまで、降りてきているのですね。
合歓の木、こちらではもう茶色になってしまいました。

xiao さん

実際にご覧になればもっと素晴らしいですよ。
この日は朝のうち晴天だったのですが、
梅雨の晴れ間なので、午後には雲がでてしまいました。
晴れていれば遠く富士山も見えるそうです。
鹿はたくさんいますね。
何だかいろいろと対策を考えているようです。
今年の合歓は撮り逃がしました。トップは以前のものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/809-8c313081

裏白瓔珞  | Main |  栂 桜

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。