FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫岩鏡

090507-iwakagami7.jpg

姫岩鏡 ヒメイワカガミ Schizocodon ilicifolius
イワウメ科イワカガミ属

昨年は、連休に登った石裂山(OZAKUSAN)だが、
ちょっと早かったので一週間遅らせて登った。
昨年よりもたくさん咲いていたように思う。
岩鏡には、大きく分けて尾瀬などで見られる地上性のものと、
切り立った岩場に見られるものに分かれる。
前者は、岩鏡、小岩鏡、大岩鏡。
後者は姫岩鏡、赤花姫岩鏡、山岩鏡がある。
石裂山の花は、姫岩鏡で白花。

090507-iwakagami1.jpg

090507-iwakagami3.jpg

090507-iwakagami4.jpg

090507-iwakagami5.jpg

090507-iwakagami6.jpg


090507-iwakagami2.jpg
石裂山 | Main | 金蘭・銀蘭

コメント

すごい群生ですね!
今年も行かれたんですね。
石裂山は山の会で行ってるんですがよく覚えてないんですよ。
こんなに咲いていたら毎年逢いに行きたいですね。
イワウチワの群生と良い今年は当たり年ですね。
4枚目見事です。

たまりませんね、この群生、髭もじゃ(^^)
切り立った岩のように決して好条件でないところでもこんな綺麗に咲くんですね!
ちょっと見習わないと

otome さん

今年は、昨年よりたくさん咲いていたように思います。
連休を過ぎてからの方がいいように思いますが、
場所によってはちょっと咲き進んでるのもありました。
なかなか山の花の咲く時期は難しいですね。
高速が開通したので、とても早く行けるようになり便利です。
きょうは天気もよくとてもいい山でした。

しーたけ さん

素晴らしい群生だと思います。
この姫は、岩の所が好きなようですよ。
石裂山は上のほうへ行くと岩山なのですが、
そこの場所にたくさん咲いてました。

おはよー
先日はご訪問ありがとうございました。
貴重で、すてきなお写真の数々、すばらしいです(@。@”
これからも、どうぞ宜しくお願いします<__>

Angel さん

おはようございます。
お越し頂きありがとうございます。
山野草を中心にUPしております。
こちらこそよろしくお願いします。

切り立った

崖なら盗掘されずにすみますね?
貴重種は最後はこういう場所でしか見られなくなりそうやね。

mama さん

盗掘者は、困難な場所ほど、
情熱を燃やすらしいですよ(笑)
自生のウチョウランなど崖の植物は、
採り尽くされました。
やがてはこの場所の姫も見られなくなります。

どの写真もすごいですが・・
この写真もすごいですね・・群生してますね
おまけに写しづらい場所で・・たくさん(笑)

ぱふぱふ さん

>この写真もすごいですね
ありがとうございます。
苦労して撮って来た甲斐があります。
この山は、岩場が多くなかなか登るのに、
苦労する山です。
そして姫岩鏡は頂上の方に裂いてるので大変でした。

不思議で神秘的な表情をしてますね!!
和さんのブログは花の百科事典みたいで・・・
とても参考になります!!

>盗掘者は、困難な場所ほど、
情熱を燃やすらしいですよ(笑)
 ↑ 山男と同じやね、くく。
こんな場所で健気に生きてるのを採り尽くすなんて可哀想だとおもわない人。
気の毒なひとやね?

symmetric rose さん

神秘的ないい花です。
日本の山には、実に日本的な素敵な花が咲くと思います。
花の百科事典ですか。
そうなれると嬉しいです。
まだまだ、知らない花が山にはたくさんあります。

mama さん

そうなんです。気の毒な人たちです。
少ない花ほど高価で取引されるので、
山の花が札に見えるのでしょうね。
花の美しさは見えないようです。

こんばんは

イワウチワと同じイワウメ科、
花びらの先がフサフサ、可愛いですね。
この手の花は、なかなか見られませんが
岩肌に咲いて、グンと首を伸ばして咲いている姿、
本当に素敵です。
1枚目、いいですね。

xiao

イワウチワと同じイワウメ科なんですが、
このヒメイワカガミは、高地の植物で、
茨城県にはないんですよ。
よってお隣の栃木県まで撮りに行きました。
毎年この場所に咲いています。
イワウチワより可愛いですね。
一枚目、ありがとうございます。

可愛いですが

咲いているところが凄いですね。。。岩の間など。。
撮影するのも大変そう!!
でも花びらが切込みが入っているようで 綺麗ですね
岩の隙間に養分があるんでしょうか。。。
野草は環境が悪くてもしっかり咲く。。。頭が下がります~~

なおこん さん

撮影は安全な場所から撮りました。
落ちてしまったら大変ですからね。
此花は、紙切細工のようで、
とても素敵です。其処が好きな所でもあるわけです。
岩の間には冬の間降り積もった落葉が、
腐葉土になってるのかと思います。
落葉の無い針葉樹の林には何も育ちません。
でも、日本の山は針葉樹が多いんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/778-3dd8bc26

石裂山  | Main |  金蘭・銀蘭

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。