FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥の東一華

090326-tokiwa1.jpg

奥の東一華 オクノアズマイチゲ Anemone raddeana f. raddeana
キンポウゲ科イチリンソウ属 別名シラゲウラベニイチゲ

今回は初登場の花、奥の東一華。
高さは15cmほど、直径3cmほどの白い萼片を持つ花をつける。
近縁のキクザキイチゲに似るが、
浅く3葉に切れ込んだ葉の形が特徴。
花は花柄に毛のない東一華とほぼ同じだがこちらが母種。

この花は、自生地をotomeさんに教えていただいた。
otomeありがとうございました。おかげでいい花が撮れました。


090326-tokiwa2.jpg

090326-tokiwa3.jpg

090326-tokiwa4.jpg

オクノアズマイチゲの特徴である長毛がよくわかる。
090326-tokiwa5.jpg

090326-tokiwa6.jpg

090326-tokiwa7.jpg

白花菊咲一華 | Main | 岩団扇

コメント

アズマイチゲは知っていますがこの花は初めてです。
こちらが原種なのですね。
イチゲの花はどの花を見てもいいですね~

茜未 さん

最近の植物分類では、
厳密に分類せず、東一華としてるようですが、
奥の東一華が原種と言うか母種のようです。
ちょっと頼りなさげな花姿がいいですね。
たくさん群生していました。

こちらが母種でしたか!

和さん~おはようございます!
今朝は良いものを拝見できました。
奥の東一華がこんなに自生ですか?
素晴らしい場所なんですね~♪
TBを有難うございます。(^◇^)b

すごい群生があったんですね。

いつものようにすごく奇麗撮れていてうっとりと2人で見ています。
私の見たのよりは大きいし、緑もきれいですね。
あの場所に花点草の群生もあるんですよ。
みんな偶然の出会いですが、
人との出会いが又次の出会いへと広がりますね~

イチゲ

イチゲもいろいろな種類がありますね。
なんかこのイチゲは寒い冬から春の日射しを浴びお目覚めといった感じがします
これから春のかわいい花達がいろいろ拝見できそうで楽しみにしております(^^)

初めてです・・・。

独特の様相の花ですね!!
緑の葉がフードか両手みたいですね!!
垂れ下がるように咲く白い顔が印象的でした!!

おはようございます。

アズマイチゲは、関東だけの固有種だから そういう名前なのですか?
とすると西日本では、咲いているところを見られないのかしら?
名前から思った小さな疑問でした^^
それにしてもすばらしい群生ですねぇ・・・
自然が残っているのですね^^
いつまでも残って欲しいものです。
3番目 光に透けるイチゲ・・・素敵です♪

かわいい・・・。

キンポウゲ科のお花はみんな可愛いと思いますが
やっぱりいいですねぇー。可憐さがたまりません。
奥の東一華は初見です。
アズマイチゲとの違いはよくわかりませんが
原種というからこちらが基になっているのでしょうね。
それにしても自生しているなんて・・・大事にしたいですね。

これは素晴らしい・・・なかなか
原種がそろって咲いてるのは
最近ではもうどこにもないかも・・
盗掘が激しくて・・野草人気のせいでしょうが
どの花もみな宅地開発などの原因で
見られなくなってます・・さびしいね
わたくしは・・キクザキイチゲ見てきました

こんにちは

アズマイチゲが可愛いですね。
私はまだ見たことが無いので、是非見たい花のひとつです。
キクザキイチゲとの違いをこの目で確かめてみたいですね。

かえで☆さん

奥の東一華が f で母種のようです。
個人所有の畑に自生してました。
ちょうど通りかかったおばあちゃんが案内してくれたんですよ。
この辺りの山里は、年配の方ばかりで、
働き手が無く休作の畑が多いようです。

otome さん

よくメールを読まないで行ったので、
最初場所がわからず探していたら、
おばあちゃんが一人通りかかったので、
白い花咲いてませんかと聞いたら、
「オラの畑にナンボデモアラー」
といって案内してくれました。
行ってみたらなんとびっくりたくさん咲いてました。
とても嬉しい出会いでした。
カテンソウ見かけました。イチリンソウも咲くとのことなので、
また、行きたいと思っています。

しーたけ さん

イチゲはたくさん種類があります。
葉の形の違うキクザキイチゲもたくさんありますよ。
筑波山には、ブルーのが咲くので行きたいのですが、
なかなか行けません。

symmetric rose さん

はじめてご覧になりましたか。
こちらでは落葉樹林や山陰などで見られます。
春植物の儚げな姿がいい花ですね。
これからニリンソウ、イチリンソウと咲いてゆきます。

あられ さん

こちらにもCMありがとうございます。
アズマイチゲの分布は北海道から九州まで、全国区です。
そてらでもこの花は見られますよ。
この群生は、個人の家の山陰の畑にありました。
otomeさんに教えて頂いた場所なんですが、
運良く持ち主のおばあちゃんが通りかかり、
案内してくれました。
「なんなら少し掘ってけ」と何気なくいってましたが、
ありがたく辞退しました。(笑)

KAEDE さん

アズマイチゲとの違いは毛深いことです。
美しい美女にちょっと失礼ではありますが、
5枚目の写真で確認出来るかと思います。
山里の方にはあまり自覚がないようです。
何処にでも咲く白い花といった感覚でした。
私には、ひとつひとつが宝石のように見えました。(笑)

ぱふぱふ さん

こちらの山里では、まだまだたくさん咲いてます。
土地の人の感覚では、
何処にでもある白い花といった所です。
キクザキイチゲも撮りましたので、
明日UPします。
葉の違いを見比べてください。

多摩NTの住人さん

そちらでは、見かけませんか。
きょうみかも山へカタクリ撮りに行ったのですが、
その場所にもたくさん群生してました。
何処かで見られるといいですね。
キクザキイチゲは明日UPします。
葉の違い。見比べてください。

アズマイチゲは知っていましたが オクノアズマイチゲは初めてなのでうれしいです。
たくさん群生しているのにびっくり!
いいですね~
花のすぐ下についた葉が可愛いです。

fairy ring さん

私もアズマイチゲと思っていましたが、
現像してみてじっくり眺めてみると、
毛深いので気付きました。
オクノアズマイチゲは初めてです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/747-1ebeba19

白花菊咲一華  | Main |  岩団扇

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。