FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網 茸

081001-amitake1.jpg

網茸 アミタケ Suillus bovinus
イグチ科 ヌメリイグチ属

今年は雨が多いからか茸が豊作だ。
松林のポピュラーな茸。網茸がたくさん出ていた。
アカマツなどのマツ林や時としてツガ、
コメツガ林の地上に発生する。
広く食用とされ、加熱すると、美しい紫色に変色する。
独特の食感。おいしい茸だとおもう。

081001-amitake2.jpg

081001-amitake3.jpg

081001-amitake4.jpg

081001-amitake5.jpg

黄乳茸 キチチタケ Lactarius chrysorrheus
ベニタケ科 チチタケ属

網茸と同じ場所にたくさん出ている。
毒キノコでは無いが辛くて食用にならないと言われる。
誰も採らないのでたくさん残っていた。
アミタケにもハツタケにも良く似ている。
081001-amitake6.jpg

秋の雀 | Main | 白花桜蓼

コメント

かわいい♪

キノコって好きです。
食べるのも、ですが、姿が。
毒キノコはごめんですが、コロンとした傘をかぶったキノコの姿は
イラストにしたいくらい、とにかくかわいい!と思います。

一枚目の写真はキノコの下に妖精でもいそうですよね。
二枚目や三枚目の写真がきゃわゆい!(かわいい^^;)

キノコ

食用キノコと毒キノコの区別が、「まったく」できないので
キノコ狩りには行ったことがありません(笑)
かわいいキノコを写真に撮る分には
健康上問題がないですよね。
この「アミタケ」は10月のトップのキノコと
同じものですか?

nonnon さん

茸の姿が好きですか。
今度は茸も育ててみたら如何ですか。
椎茸の原木を2本。知り合いから頂いたので、
いつ生るのか楽しみにしています。
苔のところに生えてる茸は可愛いですね。
アミタケは、ちょっとなめこのようで、
可愛い茸です。ちょうど親指ぐらいが食べごろですが、
以前誰にも見つからなかった場所では、
20cmぐらいに大きくなったものもありました。

xiao さん

殆んどの茸は食用で、毒はまれだと云われてますが、
とてもたべられそうに無い姿のものありますね。
10月のトップの写真は、
櫟茸 クヌギタケ Mycena galericulata
キシメジ科クヌギタケ属
のようです。食用らしいのですが、
食べた方は少ないと思いますよ。

子供の頃しいたけの原木を3本お隣さんに戴いて水をかけたりしていましたが雨が続いた日見たら物凄く大きなしいたけが出来てしまい皆で吃驚した事がありました

公園には真っ白はキノコやレースのようなキノコ色々あります。やはり毒キノコと普通のキノコの見分けが付かないので専ら写真だけです。

アミタケは可愛いですね。。。スーパーマリオのキノピオ思い出しちゃった

食べたことがありますよ♪

こんばんは(*^_^*)

アミタケは裏がスポンジみたいなキノコですよね?
食べたことがありますよ♪
私はキノコの見分けが出来ないので買ったものしか食べないのですが
同定会でOKを貰ったとのことで恐る恐る口にしたのです(^^;)
美味しかったです~(^_^)v
苔とキノコのお写真は可愛くて大好きです\(*^▽^*)/

北陸では

確か シバタケと呼んでいたような…?
美味しいんですよね~我が家ではお味噌汁で
よく食べました。
新婚の頃、東北は福島県で地元の方から
キノコの見分け方を伝授されました。
主人の里の北陸で大量に収穫・保存を覚え
現在地埼玉では…キノコのご縁は途絶えました。
時々野草を撮ってて出逢うくらいです。
主人の里のきのこ山は空港になってます…!(涙)

☆きのこ・・

10年くらい前に富士山にキノコ狩りに行ったことがありますが
「キノコ博士」と勝手に呼んでる人と一緒だったので
次から次へと採っては、食べられるかどうか聞いた・・そんな記憶があります

これは加熱すると紫色に変色? でも食べられるんですよね
ちょっと勇気がいるかなぁ

下のキチチタケもアミタケによく似ていますね
間違えて食べないように・・(笑)

網茸食べた事ありますよ~
弟が採ってきたので味噌汁にしました。
ナメコのような感触になりますね。
自分では自信が無いので採っては食べません。
きのう、ムラサキシメジ撮ってきましたよ。
傘の裏がきれいな紫ですね。
森の匂いがしてきそう~
しっとり苔とかわいいキノコの絵すごく良いですね~

田舎~それも山育ちですから~
茸大好きです・・・・
写真もどれだけ写したことだろう~
毒キノコのほうが写真的には楽しいけれど
食べるのは・・名の知れているものばかり(笑)

アミタケはお蕎麦やおうどんに入れると美味しいんですよね~
今年はキノコの豊作ですか。
採りに行きたくなりました(^^♪

>網茸 アミタケというのは、普通「しいたけ」と読んでいるのとは又別なのですね。
月夜茸っていう真っ白なきのこはすぐ分かるのですが、この種類のきのこは区別がつきません。
きのこは花と違って華麗さはないのですが、寄り添う家族みたいな感じがあって可愛らしいですね。

水曜日に吉野の賀名生の南朝の皇居跡に行ってきたのですが、橋の下の浅い瀬流れに、この前のさくら蓼、赤い蓼がそりあもういっぱい咲いて?群生していました。
見たらすぐさくら蓼だと分かりました。とってもきれいでしたよ。和さんもこんな景色をみられたのだなあーと思いつつ見ました。
話を変えて、ごめんなさい。

なおこん さん

椎茸の原木に水をかけたら大きな椎茸が・・・。
それは驚きますね。
公園には白い茸がありますか。
知らない茸は食べない方がいいですね。
アミタケは、姿も可愛いのですが、
味もなかなかですよ。
そんなにたくさんは採らないのですが、
毎年、季節の香りとして一度は食べています。

saho さん

そうです。裏がスポンジ状です。
の茸の特徴ですね。
食べたことがありますか。
おいしい茸ですよね。
この茸は、松林の苔のはえたような場所に
たくさん出るので、写真にしてもいい茸ですね。
全国的に良く食べられてる茸のようです。

かえで☆さん

北陸ではシバタケですか。
各地で茸の呼び名は違うようですね。
お味噌汁で食べましたか。
ちょっとなめこのようにヌルットして美味しいですね。
ご主人の里で保存まで覚えましたか。
その知識をしまっておいてはもったいないですね。
近くにあれば採るのもいいですが、
安全な茸が買えるのでそれを食べればいいですね。

hirorin さん

富士山に茸狩ですか。
富士山って茸が多いのかな?
麓の樹海は苔むしてるので多そうですね。
アミタケは、加熱すると綺麗な紫になるので、
安心して食べられます。
紫にならないのが混じっていたら違う茸ですから。
キチチタケは、きのこ狩の方が誰も採らないので、
たくさん残ってます。試しに食べてみようかな。

otome さん

網茸食べたことがありますか。
お味噌汁が美味しいですね。
そう、ナメコのような感触です。
ムラサキシメジ採ってきたんですか。
いや撮ってきたんですね。
せっかくだか採って来て食べれば良かったですね。
写真のアミタケは、写真を撮った後に、
採ってきました。今はお腹の中です。(笑)

ぱふぱふ さん

茸狩するんですね。
私も知られてる茸だけを食べてます。
アミタケは、海岸沿いの松林にあるので、
いちばん身近な茸です。
天然の茸はそれぞれに味が違って、
季節の味ですね。

茜未 さん

そうそう、けんちんうどんが美味しいですよ。
今年は雨の日が多かったので、
とてもたくさん出てましたね。
そちらではいろいろな茸が採れるんでしょうね。
天然マツタケなんかも採れますか?
こちらでも名人は採るようです。

恵 さん

椎茸とは違いますよ。
椎茸は、栽培が可能なので出回ってるものは、
100%栽培品です。
網茸は、栽培が出来ないのだと思います。
ほとんど販売されることは無いと思います。
茸は可愛らしい植物ですね。
サクラタデを見つけましたか。
そうです、流れのあるような岸辺に咲いてることが多いですね。
天気が良かったので美しかったでしょうね。

そうですね~
今年は雨が多かったのでキノコ 豊作のようですね~
できればマツタケが・・・
よほどキノコのことをよく知っていないと食べるのは怖いですね。
毎年 キノコ中毒が後を経ちませんからね~

緑のなかにいいですね~

pole pole さん

今年は茸の当たり年のようです。
たくさん出てましたよ。
マツタケは、毎年決まった場所に出るようですが、
見つけるのは難しいようです。
網茸はポピュラーな茸ですが美味しいですよ。

おじちゃんはきのこ撮って採ったのかなぁ~  セセリ
アミタケ?
美味しいんですか? 
色が紫に変わるとは食欲なくなりそうな感じですね。
目をつぶって食べる? 笑)
独特の食感て?シャキシャキ?
炊き込みご飯やきのこ汁にするのかな~
テンプレのきのこはなぁ~に?(あれ、聞いたでしょうか・・・)

池田姫 さん

紫といっても上品な紫ですよ。
白い大根おろしの上によく似合います。
目をつぶるんじゃなくて、
日本の料理は目で食べるんですよ。
食感は、シャキシャキじゃなくてヌルヌルです。(笑)
テンプレのきのこは、
櫟茸 クヌギタケ Mycena galericulata
キシメジ科クヌギタケ属
だって云ってるでしょうが。
これは食べたことありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/653-4de6e2a3

秋の雀  | Main |  白花桜蓼

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。