FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高峰の花

0809126-sonota1.jpg

深山捩摺 ミヤマモジズリ Gymnadenia cucullata
ラン科テガタチドリ属

名はモジズリ(ネジバナ)の花穂に似ていることからある。
山地の樹林下に生える多年草。根元に長楕円形~広披針形の葉が2枚付く。
多数の花がらせん状に並ぶが、片側にやや偏って付く。
唇弁は細く3裂し、基部に紫斑がある。萼片と側花弁は開かずに兜状に重なる。
距は前方に湾曲する。


白根薊 シラネアザミ Saussurea nikoensis
キク科トウヒレン属

シラネアザミがササの根元から花茎をのばしていた。
本州中部から関東地方にかけての亜高山帯から高山帯に
分布するトウヒレンで、「アザミ」と名はつくが、アザミ属ではない。
0809126-sonota2.jpg

山母子 ヤマハハコ Anaphalis margaritacea var. angustior
キク科ヤマハハコ属

秋、遅くまで咲くのか。たくさん咲いていた。
花も白い総苞片が回りを花びらのように囲み、
中の黄色い花はアクセントになってかわいらしい。
野に咲くハハコグサとよく似た姿をしているが
このほうが花はキクのように開いていて美しい
0809127-yamahaha1.jpg

岩茵陳 イワインチン Chrysanthemum rupestre Matsum
キク科/キク属

高山の岩場に自生し、河原艾(カワラヨモギ)に似る。
それでイワインチンの名がついた。
中部などの高山に自生する。
黄色い筒状花だけの頭花。この花もたくさん咲いていた。
0809126-sonota4.jpg

白玉の木 シラタマノキ Gaultheria pyroloides var. miqueliana
ツツジ科シラタマノキ属

高さ5~10cmの常緑小低木。
花はクロマメ、ツガザクラ、コケモモ…、みんな似てる。
でも、実になるとシラタマ、ほんとうにシラタマ、
ちょっとハッカの香のするシラタマ。
0809126-sonota3.jpg
赤い実 | Main | 黒斑山

コメント

いやぁあ~~すばらしいものばかり
平地では全く見られない・・
たまに温室などで・・見る機会があっても
間近で見る自然がうらやましい限り!

高山植物の特別展示販売などでたまにありますが・・

まさに・・・高値の花です(爆)

同じランの仲間でも

ネジ花と咲く次期が違うのが
不思議といえば不思議ですね。
花もかわいいですが、
葉が2枚というのも面白い。

シラネアザミは青色ポッキー(笑)
以前ポッキーの話題が上がったのは
いつごろだったでしょうか。

イワインチン、難しい名前です・・・

朝からバタバタして、習いものに出たら今頃になってしまいました。
きょうは予定が押してます・・
ヤマハハコとシラタマノキは何度も見てましたが、あとは初めてのお花です。
特にシラネアザミはきれいなブルーなんですね~
見てみたいお花です。
山のお花は良いですね~
マイズルソウなどの赤い実は無かったですか?

今帰ってきてこのサイトを開けたら、なんだかホットしました。
一枚、一枚に物語ができそうです。
どれも愛らしく撮れていて、おとぎの国に迷いこんだみたいです。

皆素敵な花ですね~~
シラネアザミ 此花好きです
白とブルーが夏らしい
やはり花は足を使わないと駄目ですね
来年は湿原までいってみたいです~~~

めずらしい花たちを沢山見せていただきました^^
秋が深まりつつありますね。
山へ行けば、秋にはこんなに沢山の花たちに出会えるのね。

自然の中で咲いている花たちは何も自慢せず、つましく咲いている。
こうして和さんのモデルになって、喜んでいると思うなあ(^^♪

ぱふぱふ さん

高山植物の特別展示販売はあまり良くないですね。
求めても生育環境が違いますので、
美しい花を付けることはまれでしょう。
やはり咲いてる場所にこちらから出向くことが、
いいかと思います。
池の平湿原などは、運動靴でじゅうぶん歩ける場所です。

xiao さん

ネジバナは秋咲きもあるので、
この季節にも咲いてますが、
ミヤマモジズリはテガタチドリ属ですから、
チドリの雰囲気ですよ。
此花見たかったんですよ。
とつぜん一本だけ見つけて嬉しかったです。
シラネアザミも雨の中に咲いてました。
黒斑山の山頂付近でした。

otome さん

お忙しくて何よりですね。(*^^)v
私もミヤマモジズリとシラネアザミは初めてです。
見たかった花に出会えて嬉しかったです。
シラネアザミは黒斑山の山頂付近でみつけたのですが、
麓付近にはもう終わった花殻がありました。
マイズルソウかどうか赤い実は撮りました。
ゴゼンタチバナの赤い実もたくさんありましたよ。

恵 さん

お帰りなさい。
きょうはどちらへお出かけでしたか?
山は、まるでおとぎの国ですね。
夏は終わりましたが、
まだまだたくさんの花が迎えてくれました。
とても嬉しいことです。

なおこん さん

そうですね。
たくさんの素敵な花が迎えてくれました。
シラネアザミは、コウヤホウキのような、
ポッキーの可愛い花でした。
そうそう足を使わないとだめです。
来年は、ぜひ湿原まで行ってください。
撮れませんでしたが、なおこんさんの好きな、
鳥もたくさんいましたよ。

nonnon さん

ミヤマモジズリは、
あまり人の行かない場所に咲いてました。
多分誰の目にも触れて無いかと思います。
写真ですが、皆さんに見ていただいて喜んでると思います。
山は、たくさんの花たちがあっていいですね。
夏の季節だったらもっとと思いますが、
今回は、秋の花を楽しませてもらいました。

☆色んな・・

お花がたくさん・・ 8月にも咲いていたのかなぁ?
ヤマハハコは白いツブツブの状態でした。蕾かな?
シラネアザミは見たことがありません

次々と追い越して一番に山頂に・・って 和さんすごい!
私なんか5分も登ったら「はぁはぁ・・」 休憩しながら登りました
あまりの体力のなさに、今必死に筋トレやウォーキングをして鍛えています。

せっかく登っても、花の写真をゆっくり撮る余裕もないのですから・・(-_-;)

わっわっわ~なセセリ
シラネアザミですか?
タムラソウだとばかり思っていました。
アップしなかったけど今写真を見たら、この青いところがこちらは紫色。
色はどうでもいいか・・・。
あっ 去年アップしたからまた見に行って来る。
シラネアザミは筑波山でも見られるそうです。

hirorin さん

8月にはもっとたくさんの花が咲いていたと思います。
それに群生も・・・。
この日は雨で先に登っていたのは、
途中ドームの避難所で休んでいた男の子5人のグループと、
団体の15人ぐらいのグループ二つでした。
後は私たちふたりです。
皆、表道を登っていたので、中道は誰も歩いてなかったので、
下山して、カモシカ探したのですが残念でした。

池田姫 さん

タムラソウじゃないんですよ。
葉っぱがねシラネアザミです。
多分、姫が行った時にも咲いてたことと思います。
今回は、山の上の方に咲いていました。
麓の方はもう、終わってましたよ。
筑波山にもあるんですかそれは知らなかった。
でももう、終わってるでしょうね。
来年見てみます。

おじちゃん、バタバタ~  セセリ
今朝はシラネアザミのことで頭がいっぱいだったよ。
それでミヤマモジズリのこと言わなかった・・・。
この花はホテルのHPではネジバナと書いてあったのでおんなじかと^^
いや~ 全然違うね。
手形千鳥? 見たことないけどそれにぐっと近い感じ。
ああ、山の花だな~って思いますね。 いいなぁ~

池田姫 さん

ホテルのHPではネジバナって書いてあるの。
それはまずいですね。
ネジバナに似てるけど、ネジバナほどらせん状に花は付かず、
一方に偏ってちょっと大き目の花が付きますよ。
手形千鳥ほど花は大きくないのです。
この時は、三脚持ってなかったので、
少々ピンアマです。ごめんなさいね。

黒斑に咲いていましたか(^^♪ 良かったですね。
黒斑も捨てたもんじゃないですね~(⌒-⌒)
ちょっと前の記事ですがTBさせてくださいね。

茜未 さん

改めて拝見しましたが、
茜未さんの深山捩摺たくさん咲いてますね。
こちらは一本だけでしたが、
とても嬉しかったですよ。
TBありがとうございました。
こちらからもお願いしました。

タイトル通り 高嶺の花ですね~
ミヤマモジズリ ネジバナとは違った趣がありますね。
山でしか見られない植物! たくさん堪能させていただきました。

pole pole さん

平野部では見られない花が咲いてました。
ミヤマモジズリは、山好きの間では人気に花のようです。
ちょっと季節が遅かったのですが、
何とか花たちに出会うことが出来ました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/644-ae5f3bac

遅咲きのラン

ミヤマモジズリ (深山捩摺) ラン科 【分布】北海道・本州・四国・九州;朝鮮半島・千島列島・サハリン・シベリア・ヨーロッパ 【和名...

赤い実  | Main |  黒斑山

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。