FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪餅草

080417-yukimoti1.jpg

雪餅草 ユキモチソウ Arisaema sikokianum
サトイモ科テンナンショウ属

仏炎苞から覗く花序の付属体の先端が、
雪のように白く、餅のように柔らかいことから名がある。
分布は、三重県、奈良県、四国。高知県に自生が多いらしい。
当地でも同属のマムシグサは、たくさん見かける。

080417-yukimoti2.jpg

080417-yukimoti3.jpg

大花の延齢草 オオバナノエンレイソウ T.kamtschaticum
ユリ科エンレイソウ属

普通の延齢草より花が5~7cmと大きい。しかも内花被片は白い。
分布は、北海道、本州北部。北海道では湿った林内に大群落をつくるらしい。
080418-oobanano1.jpg

080418-oobanano2.jpg

080418-oobanano3.jpg

今回、本県には自生しない花を二種UPした。
いずれも植物園の花だが、珍しい花が見られることは嬉しいが、
自生しない植物を気候、環境を無視し咲かせることに疑問を感じる。
いずれもあまりいい状態では無かったように思う。
時間がゆるせば自生地へ出かけたい所だが・・・。

二輪草 | Main | 丸葉崑崙草

コメント

あまり気持ちいいものではない。
わかります~~
食虫花みたいですもん。

ユキモチソウは植物園ですか?
今年2人の方から見せていただきましたが
やはり植物園でした。

マムシグサに似たものは区別が付かないです。
ヘビが苦手だからあまり喜べないし・・・・
マムシグサは中は細くて長いんでしたか?

エンレイソウももう終わりなんでしょうか?
なかなか自生地行けないいですから仕方ないですね。

植物園は名前もはっきりしてるし珍しい
植物にも逢えるのは良いですよね。

mama さん

マムシグサは、人気が無いのですが、
このユキモチソウは、けっこう人気があるんですよ。
白い餅がかわいいんでしょうね。
オオバナノエンレイソウは、大変な人気です。

otome さん

ユキモチソウの自生地では、盗掘が多く
数が少なくなってるようです。
マムシグサは、真ん中の白い餅が無いやつです。
その辺の山にたくさん生えてます。
果実も異様に赤くなるやつです。
オオバナノエンレイソウは、終わりなのもあるでしょうが、
植生が寒い地方のはなですから、
暖かい所では、無理があるようですね。
植物園は、珍しい花を揃えたいのでしょうが、
なかなか難しいものがありますね。

おはようございます。
植物園の植物なのですね。
その辺に、咲いているのかと思いました。
無学の、とぶとぶです。
が・・・いろいろ感じるところはあります。

水戸?で、悲しい出来事が有ったようですね。
残念です。

雪餅草って・・・

雪餅草って聖火リレーのときのトーチに似ていません?
あちらは大騒ぎでしたが こっちは山の中で真っ白い灯りをつけていますね

オオバナノエンレイソウ 集団で咲いていたら見事ですね。。。2種類ともはじめて見る花でした。

植物園はいろいろな花が見られるのがいいのですが 集まって咲くとか自然に咲くのが難しい。。。

ヒマラヤの青いケシの花が見られるのも 〔都立率薬用植物園で)有り難いのですが・・・実際に咲いているすがたも見てみたくなってしまいます

とぶとぶ さん

植物園に行って撮ってきました。
ユキモチソウもオオバナノエンレイソウも自生地が
遠いんですよ。
自生地までは、なかなか行けませんので、
姿か見れたので良かったと思います。

水戸の千波湖でコクチョウとハクチョウが襲われました。
心無いことをする人がいるものです。
とても可愛がられて巣を造り子育てまでしてたんですよ。
何とも困ったことです。

なおこん さん

聖火リレーのトーチですか。(笑)
そんな感じもしますね。
触っては見なかったのですが、
お餅のように柔らかいそうですよ。
オオバナノエンレイソウは、北海道へ行けば、
群生してる姿が見られるそうです。
いつの日か訪れてみたいですね。
植物園も熱帯の植物は、温室などの設備をして、
自生地を再現してるのでいいのですが、
山野草は、無理があるような気がします。

大花の延齢草は花びらがだいぶ痛んでしまいましたね。
雪餅草はまだまだ綺麗。
あの白い部分、やわらかそうだけど、硬かったよ^^;
(近くで手入れしていた職員さんに許可を得てちょっとね)
これから白い部分はどうなっていくんでしょうね。
とっても気になった私です(^^ゞ

>環境を無視し咲かせることに疑問を感じる。
う~ん、確かに。
私などは自生地に簡単には行けないので、こうして
見せてもらえるところはうれしいと単純に喜んでいたのだけど・・・

先日

私も撮ってきました。
なんというか、マシュマロのような感じがたまりません(^^)
私も整理しないと・・・
それにしてもずいぶん咲いていますね

nonnon さん

nonnonさんが撮った時のほうが綺麗でしたね。
私は、見たときにダメだなと思ったのですが、
いちおう撮ってきました。
何だか物の本によると餅のように柔らかいなどど書いてますが、
硬いんですか。
触った本人がいるのですから間違いないでしょう。
メモしときます。
植物園ですからたくさんの変わった植物を植え、
見てもらいたいのでしょうが、
やはり植物には、自生に適した温度や、天候があると思います。
それを無視してしまうといけないように思いました。

しーたけ さん

えぇ!しーたけさん撮ってきたんですか。
まさか自生じゃないでしょうね。
ほんとにマシュマロのようですよね。
数は、けっこうたくさんありました。

不思議な形の植物ですね
でも真っ白な姿はちょっと暗いところに自生していたら
神秘的でしょうね

でもマムシグサというのも同属なのですか
怖いもの見たさで、ちょっと興味あります
是非一度見せてください。

ユキモチソウ

キノコのようでちょっと不思議です。
盗掘が多いというのは、人気があるのでしょうか。
うーん、・・・
私はマシュマロはあまり得意ではありません。

hirorin さん

山の中で見かけるといいかと思います。
かなり白いので薄暗くとも目立つと思いますよ。
マムシグサ見たことないんですか。
その辺の山にたくさん生えてますよ。
この白いのが無い状態です。
見せてくださいと言われても・・・。
あまり写真撮りたくないんですよ。(笑)
ネットで検索して下さい。

xiao さん

この白さが気持ちいいのか、
不思議な感じがいいのか?人気のようですね。
盗掘されてしまうようです。
私もあまり欲しいとは思いませんが、
変り種ということで人気なのでしょうか?

おはようございます。

本当に、心無い所業ですね。
残念です。

お早うございます

ユキモチソウ・・・私は昨年六甲で出会いました。
日陰の湿った薄暗いところに育っていましたが似ているといわれる
マムシグサよりもいいですよね。

今年はまだ一度も六甲へ行ってないんですよ。
早く行かなくっちゃ・・・。

おはようございます!!
雪餅草って、サトイモ科なんですね。。。
ビックリ!!しました。
花の後には、お芋が。。。?それは違いますね。(笑)
エンレイソウ。。。キレイです。
近くで見てみたいけど、山の中の花ですか?
山は下の子がもう少し大きくならないと、難しいかな。。。

千波湖で悲しい事件が起きましたね。
お花を傷つけたり、硫化水素発生させたり。。。
とても、悲しくなります。
命を大切にして欲しいですね。

おじちゃん、これグ〇コの雪見だいふく? セセリ
これは見たことありません。
ムサシアブミもない・・・。昨日探していたけど汗出ちゃうよ~
これは食べられそうだね!ちょうどカップ(コーン)にも入っているし・・・。

オオバナですね~
葉っぱも小さいのですか?
姫が撮ったのは葉っぱがバサバサしてて、花がちっこかったです。

とぶとぶ さん

警察は、犯人を捜してるそうです。
早く捕まるといいのですが・・・。

KAEDE さん

六甲にありましたか。
そちらなら自生してるかも知れませんね。
マムシグサは、此方でもよく見かけますが、
あまり好きにはなれません。
六甲には、いろいろな植物があるんですね。
行かれたほうがいいと思います。

ちゅう さん

雪餅草も、水芭蕉も、浦島草もサトイモ科です。
お芋は食べられるどうかわかりません。(笑)
エンレイソウが見られるのは、北海道ですよ。
写真は、筑波の実験植物園で撮りました。
お子様連れでも大丈夫かと思います。
他にもたくさん植物がありますよ。
どうもこの所、日本人の心が荒んでるようです。
ほんの一部の方でしょうが、困ったことです。

池田姫 さん

雪見大福ではありません。
見てない内に食べてはいけませんよ。(笑)
確か有毒だったような。シュウ酸カルシウムが含まれてるようです。
ムサシアブミは、やはり暖かい地方に多いようですよ。
マムシグサは、何処にでもあるのでそれを探したほうが早いですよ。
エンレイソウは、オオバナです。
この花、普通のエンレイソウは、たくさんあるのですが、
オオバナは、北海道です。
葉は、普通のエンレイソウより大きかったようですが、
葉の大きさは変わるのでどうなんでしょう?
普通のエンレイソウも花後、葉が大きくなります。

テンナンショウの仲間たち 今たくさん咲いていますね。
マムシグサはよくみかけるのですが ユキモチソウの自生はみたことがありません。
ここは植物園だそうですが・・・

オオバナノエンレイソウは大好きなお花なので嬉しいです。
北海道にはすごく自生しているようです。
昔 絵に描いたのでよく観察しました。
花が咲くまでにかなりの年月を要するのですよね。

pole pole さん

この辺りもマムシグサは、ニョキニョキとたくさん生えてます。
ユキモチソウは、一本もありません。
私も、実物を見たのは初めてです。
オオバナノエンレイソウが自生する北海道へ行きたいです。
この花が一面に群生していたら素敵でしょうね。
野生のリスなども見られるかも知れません。
ちょうどいい季節に出会うのは難しそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/554-5aff94be

二輪草  | Main |  丸葉崑崙草

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。