FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好文亭

071208-koubun1.jpg

茶室「何陋庵(かろうあん)」

階楽園、好文亭の紅葉が見頃と、姫から伝言があったので行って来た。
まずは、簡素清朴な草庵風の茶室「何陋庵(かろうあん)」と、
全国的にも極めて珍しい腰掛け式になっている「待合」を撮ってみた。
士農工商こだわり無く茶客を招くため、裏庭から直接入れるよう考慮したと、
何処かで聞いたようだが、定かでは無いのであしからず。


待合から茶室をみる。
071208-koubun2.jpg

071208-koubun3.jpg

待合の外には南天の赤い実があった。
071208-koubun4.jpg

裏門と待合。
071208-koubun5.jpg

今回、入場料を払わず外から撮ったので、茶室内部は撮れませんでした。

好文亭Ⅱ | Main | どんぐり

コメント

この待ち合い以前本で拝見しました。見事なお衣装のご婦人方が並んで座ってらしたわ。場違いな感じでした。士農工商の別なく客としてもてなすのを目的に、と伺い納得しました。華美な服装は似合わない見事なお茶室でしょうね。土壁と南天、灯り、雪見窓、灯篭、何もかも好ましい。

mama さん

そうですか本に載ってましたか。
茶室の内部や、待合を正面から撮った写真は、
他の方も撮っておられるので、雰囲気を撮ってみました。
(入場料が惜しかった訳ではありません)(笑)
私も、好文亭ではこの場所が唯一気に入ってる場所であります。
mamaさんは、茶事に敏感に反応されますね。
名のある茶人。若しくはお師匠さんかとお見受けしましたが如何。

偕楽園は椿やモミジ、竹林の雰囲気が良いですよね~
通過はしても中を見ることはほとんどないですが、何度か上に上がったことはあります。
3枚目の光がとっても素敵です。
静かな雰囲気のよさがわからないと撮れない写真ですね。
私の友人が言ってましたが偕楽園は無料できれいで3つの中では1番じゃないかと。
2つしか知らない私は比較できないですが大好きですよ。

静かなたたずまいの

お茶室、素朴な美しさがとても素敵です。
ほんの少しの彩として
椿(かな?)や南天が植えられているのも
とてもよいですね。
いつも素敵な写真ですが
よりシャープな画像です。
カメラかレンズ、変わりましたか?

otome さん

斉昭の意を汲んで誰でも無料で入園できることを
続けていることは素晴らしいことですね。
「孟子」の「古(いにしえ)の人は民と
偕(とも)に楽しむ、故に能く楽しむなり」とか・・・。
開園当時は、毎月「三」と「八」が付く日に領民
にも開放されていたようですね。
現在は、毎日開放されており、朝も早くから入園出来るので
とても助かります。

xiao さん

茅葺の屋根、ちょっとした植物。
茶室はほどよく設計されてますね。
デザインというと近未来的な洗練された物が浮かびますが、
古い時代にも素晴らしいデザインがあったのですね。
カメラも、レンズも換えてませんよ。相変わらずD70です。
今回、たまたまシャープな感じに撮れたのでしょうか。
ありがとうございます。

おじちゃんってケチなの? セセリ
こら~っ!
す、すみません。セセリを叱っておきました。なんせ正直なもんで^^
これは寒椿か、はたまた山茶花か・・・
まっ いいか。
こういう所は落ち着きますね。
抹茶とお菓子でもいただきながら・・・
あれ、待合でお茶は飲めないの?

池田姫 さん

ケチかと問われれば、そりゃもおケチでしょうね(*^^)v
それも"ド”が付いてると思いますよ。
そして、やがて10億円寄付するのです。(笑)
地方から知人が出てきたりすると、お付き合いで何度も見てるんですよ。
待合は、お茶を飲むのを待つ場所です。待合茶屋とは違うんですよ。
待合茶屋は、料亭、置屋、待合茶屋として芸者さんとの
遊興や飲食を目的として利用される場所です。
ちなみに茶屋とは、茶や和菓子を出し休息場所を提供する店舗です。
大名の宿泊、休憩施設としてのお茶屋屋敷というのもあります。
日本語は難しいのです。待合茶屋に行きたいですね。

おじちゃん、10億円は姫にと書いて欲しいって言っているよ。 セセリ^^
和さん、asitano kazeさんてご存知でしょうか?
姫のブログや他の方のところでもお見かけしているかと思います。
1度遊びに行ってみてくださいませ。
鳥さんですよ~ いっぱい!
最近は植物でなく、姫はコメントに四苦八苦しておりまする~ 
リンクですか?
さっ 姫のところへ 笑)
和さんもこれから鳥さんになるの?汗;たら~
カテゴリーの鳥や動物見せていただきました。

一枚目、いいですね♪
このくらい引いた感じ、好きです。
お茶室から、湯の滾る音が聞こえてきそう^^
ゆったりとお点前するのもいいですね。
外からでもお茶室の雰囲気は伝わってきます。
でもやっぱり躙り口あたりや炉、水屋なんかを撮りたいかなあ(^^ゞ

アハハ、和さん!!ただのそこらのおばちゃんで~す。ただお茶の世界は大好きなの。設え、お料理、精神、佇まい、なにもかも心惹かれるものばかり。歳をとるに従って簡素な美に魅了されるようになりました。本格的に習おうと思ってます。嫁入り前の花嫁修業(死語?)で少し齧っただけですから。

和の世界を堪能させていただきました(^^)
なかなかいいところのようでうすネ(^^)
topの写真しばらく見入っていました!

しぶいですね。^^

慌しく一日を過ごしたあとだけに、
静かなたたずまいに、ほ~っと浸ってしまいました。^^
一枚目、いいですね~。

池田姫 さん

姫も今日からケチケチ道に入門して、
自分で10億円貯めて下さい。
asitano kaze さんは、鳥撮り専門ですか。
さっそくお邪魔してみます。
私の場合は、冬場の鳥撮りですね。
やはり花が好きです。
鳥は、せっかく撮ってやるといってもすぐに逃げる
んだもの・・・。逃げなくともいいのにね。

nonnon さん

一枚目ありがとうございます。
そうですね。ほんのりとした空気を撮りたかったのです。
お茶って精神がいいですよね。
利休の拘りすぎた茶は、ちょと疑問を感じますが、
もっと自由な茶がいいと思ってます。
躙り口あたりや炉、水屋等は他の方が撮ってますよ。
ネットにもたくさんUPされてます。
専門の方にお任せした方が無難かと。

mama さん

そこらのおばちゃんは、番茶ぐらいしか飲みませんよ。
最近はペットボトルの茶ぐらいじゃないでしょうか。
気に入った志野や、織部などに点てたりしませんね。
本格的に習うことは無いと思います。
精神は自己の中にあると思います。

しーたけ さん

topの写真ですが、もうちょっと引いた方が良かったかな。
などとも思っています。
なかなか構図取も難しいですね。
背景のボケ具合はちょうど良かったかと思います。
偕楽園は、いい所ですよ。人の少ない季節にお出掛けください。

雅陽 さん

しぶいでしょう(*^^)v
時にはこんな空間もいいのではないでしょうか。
ゆっくりと流れる時間です。
一枚目ありがとうございます。

ワビ・寂…時空を越えた日本の美がそこにあった。

和さんの写真をみてるとなにか自分がタイムスリップしてその時代にいったような錯覚をおこす…良い幻覚でしょうか?!まあ和さんの写真が素晴らしい!という事を言いたかっただけ(笑)そこで渋いお茶とお菓子がこわいですー~希望は赤い実シリーズを特集してね!今年は見事ですよ~~~あっそうそう10億円チャングムにもください。1000万でがまんしますのでよろしく~~~

チャングム さん

タイムスリップしましたか。
そう云って頂くと嬉しいです。ありがとうございます。
渋いお茶とお菓子は、いいと思いますよ。
どうして恐いんですか?ぜんぜん恐い事はありませんよ。
赤い実シリーズですか。ちょっと難しい注文ですね。
実は、実はよくわからないんですよ。
どれを見ても同じに見えてしまいます。
10億円?そんな話したかな?
最近物忘れがはげしいようです。(笑)

前の記事にすみません

ご無沙汰しております<(_ _)>
久しぶりにお伺いして拝見していたら素敵な写真だったので。
1枚目も写真、とても良いですね。
綺麗です。

茜未 さん

写真は偕楽園好文亭、何陋庵ですから
被写体がいいのかと思います。
歴史ある場所は、とてもいいですよね。
正月の声を聞けばそろそろ寒紅梅が、
咲き始めるかと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/459-64a8485c

好文亭Ⅱ  | Main |  どんぐり

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。