FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カゲロウの渓

060426-kagerou1.jpg

タニヒラタカゲロウ

カゲロウという水生昆虫をご存知だろうか。
谷川に生息し幼虫(ニンフ)から、亜成虫(ダン)、成虫(スピナー)と変態する。
地球上に現れたのはトンボより古く約3億年前、
古生代石炭紀といわれる。
日本では、現在10科33属100種が確認されている。

フライフィッシングの世界でいっせいに羽化する事を、
スーパーハッチというが、まさにであった。
しばし時をわすれ、カゲロウを観た。

他4枚掲載しておりますご覧下さい。 060426-kagerou2.jpg

060426-kagerou3.jpg

01-.jpg

060426-kagerou5.jpg

飛翔している所を撮ったので、ピンアマお許し下さい。渓の雰囲気だけお届け出来ればと・・・。

東国鯖の尾 | Main | 筆竜胆

コメント

カゲロウ

こんにちは、
カゲロウて沢山の種類が・・・・
夜になると街路灯に群がるのは、どんな種類のカゲロウなんだろ。
凄~~い和さんて色んな事を知っている。
新緑と滝が素敵ですね。
ここで一休み・・・・滝の流れの音が爽やか・・

飛んでます、飛んでます♪

スーパーハッチなんですね・・・貴重な瞬間ありがとうございます。
谷川のせせらぎにしゃがみ込むと時間を忘れそうですね。
新緑、滝から雰囲気が伝わります♪

恐るべし・・歴史

かげろうと言う言葉はあの陽炎・・しか知らない私。
三億年・・ですか。 絶えるどころかその種類やすごいですね。
いっせいに羽化・・三枚目を拝見すると、
>しばし時をわすれ、カゲロウを観た・・と言う
和さんの思いが分かるような気がします、得した気分。
いいところに出会えましたね。 
と言う事は、滅多と見られないものを居ながらにして
拝見出来るなんて、ラッキーですね。

そんな後に新緑のせせらぎが聞こえる一枚、演出が心憎いです。
そんなところが和さんのセンス・・でしょうね!

karin さん

夏の夜などに、外灯によく群がるのが見られました。
最近、近辺では見られません。
脈翅目(ミャクシモク)のウスバカゲロウ、クサカゲロウの仲間ではと思われます。
写真は、蜉蝣目のタニヒラタカゲロウです。

流れの音と、木漏れ日のなかで独り。
ひと休みしました。

メロンさん

スーパーハッチなんですよ。
ちょっと写真には捉えられませんでしたが、
いっせいに羽化するんですね。
中禅寺湖などでは、大型のカゲロウのスーパーハッチが見られます。
それを鱒類が狂ったように食べる姿も・・・。

生存率を上げ、子孫を反映させる
賢い行動なのでしょう。スーパーハッチ。

みくさん

昆虫の成虫が弱々しくハラハラと飛ぶ様が陽炎
のように見えた所から来てるようです。
恐竜が生きた、白亜紀前期(約1億1千万年前)には、
もう飛んでいたんですね。
恐竜の横で、やはりスーパーハッチがあった訳です。
そんな事をボンヤリと考えていました。

>演出が心憎いです。
いや~、いつもの定番ですよ。

成虫、はじめて見ました。
なんだかすごく大きい気が・・・。
私、ウスバカゲロウなら見たことがあります。
小さな頃、虫博士みたいな男の子がいて
「蟻地獄がいる山がある!」って連れて行ってくれたのですが、
角があって不気味な・・・。あれを亜成虫というのかしら。
それにしても、三億年という時を経て存在しているというのは驚きでした。
なんだかすばらしい生き物のような気がしてくるから不思議。

ラストのお写真、美しいです。
水の音はなぜか心が静まりますね。
ひとりでよく川面を眺めに出かけますが、
こんな素敵なところはまだ発見できません。

house cafe さん

あり地獄にいるのは幼虫ですね。
素晴らしい生き物ですね。
人間なんてとても、とてもでしょう。
自ら環境を破壊しつつ生きてるのですから。
カゲロウは環境の変化に合わせ、自らを変えて生きるのでしょうね。
蜂などのように攻撃手段も持たず、
ただハラハラと飛ぶ姿は、愛しささえ感じます。

ちょっと車を降りて、山へ分け入れば
美しい場所は、まだまだ残されてるかと思われます。

スーパーハッチ

一斉に羽化する現場に居合わせたなんて、すごいですね。
飛んでる写真のアンテナみたいに見える部分は、カゲロウの足でしょうか?
足でバランスをとっているのかな?
見るからに影が薄くて儚い感じがしますが、3億年前にすでに存在していたなんて...
恐れ入りました!

hanahana さん

>カゲロウの足でしょうか?

足じゃないって!尾といってます。
正確な呼び名は、尾毛(ビモウ)と言います。
これが2本のものと3本のものがいます。
同定するのに重要な手掛かりになりますよ。

自然にそくして生きてきたから滅びずに
反映してるのでしょうね。
きょうも何処かの人知れぬ渓流でスーパーハッチが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/36-17031c92

東国鯖の尾  | Main |  筆竜胆

CALENDER

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。