FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を駆けて

070116-edo1.jpg

白壁、土蔵のワープステーション江戸。
江戸時代初期の頃の、家並などどを再現している。
大河ドラマなどの撮影も行われてるよで、
ちょっとしたタイムスリップ。
廻船問屋の辺りからどうぞ。


070116-edo2.jpg

070116-edo3.jpg

こちらは町屋、町人の家並み。
070116-edo4.jpg

070116-edo5.jpg

070116-edo6.jpg

070116-edo7.jpg

エキストラの町人、侍など少し歩いていてほしいですね。
鶺鴒三種 | Main | 小啄木鳥

コメント

タイムスリップ

まるでタイムスリップしたようです。
お侍や悪代官など(^^;
ドラマの世界を想像してしまいます。
こうしてみるとずいぶん街並みも変化しましたよね
昔の人が今の街を見たら驚くことでしょう(^^)

しーたけ さん

県内にあるのに一度も訪れた事がなかったので、
行って見ました。
ちょっと期待はずれというか、寂しい感じでしたね。
やはり、馬込や妻籠のように
人が居ないと廃村を訪れたような感じでした。
エキストラが常時いるといいのですけどね。
建物は良く出来てると思いました。

確かに

人の姿が見えないのは
寂しいですね。
ゴーストタウンみたいで怖いほどです。
もったいないですね。

xiao さん

そうなんですよ。
ちょっと観光客は避けて撮ったんですが、
できたら少し江戸の町人が欲しかったですね。
せっかくの施設がもったいないですね。
生活感がまるで無い、やはり映画のセットですね。
撮影所じゃないんだから
もうちょっとなんとかしてほしいです。

こんにちは

懐かしいですね、ワープステーション江戸!
実は、私が以前勤務していた会社が二年ほど運営をしていたんですよ。
その関係で、何度も仕事でここに来たことがあります。
勿論、プライベートでも来ましたが・・・

大河ドラマや映画のロケで使われるだけのことはあって、しっかりとした
造りになっていますよね。
人も少ないし写真を撮るにはうってつけです。
久しぶりに行ってみようかな?

そして 誰もいなくなった・・・の世界でしょうか!
人がいさえすれば全くの江戸時代・・・お江戸ですね(*^^)v
私はなんと言う場所かしらと何度も往復してたのですが・・・・・。
ZEISSさんの、コメントでようやく理解!
“ワープステーション江戸”というお楽しみの場所だったんですね。
どんどんロケに使っていただいて・・いっそ“お江戸映画村”もいいですよね~。
今日は大河ロケ、何日は水戸黄門ロケ・・・・。
となれば遠巻きで見学させていただき江戸気分も味わえ好みの役者さんも遠くに見え~・・・♪

ZEISS さん

そうですかZEISSさんの以前の会社が運営してましたか。
最近は運営会社が変わったということですね。
そのせいでしょうか?何だかちょっと活気がありませんでした。
以前は、いろいろと趣向をこらしており、
訪れる方も多かったと聞いています。

建物はとてもしっかり造られており、
大変いいと思いました。
写真を撮るにはちょうど良かったですね。

メロン さん

大変失礼しました。詳しい情報は、
http://www.ushikunuma.com/drama/warpstation/edo.htm
をご覧になって頂くとわかります。
NHK大河ドラマの「葵・徳川三代記」「利家とまつ」「武蔵」や、
金曜時代劇の「山田風太郎・からくり事件帖」「御宿かわせみ」など、
の他たくさん撮影されてるようです。

撮影のある日を狙って行った方がいいかもしれませんね。

すごい施設ですね

なぜここに江戸が...とも思いますが
これだけの広さを確保するには、東京では無理ですね。
建物の中も時代に沿った作りだったら
もっとワープ感がでそうなのにと思います。
人気がないと、ちょっと怖い気もしますね。

hanahana さん

ますます人気が落ちそうなので、ちょっと伏せていたのですが、
建物の中は、倉庫なのですよ。
ちょっとがっかりでした。
別に立ち入り禁止にはなってないので入って見ましたが、
大部分の建物の中に撮影用の機材が入ってました。
その辺改善して何とかならない物かと思います。
せっかくの施設、敷地ももったいないですね。
訪れた人に江戸時代の衣装をレンタルしてワープ気分に
浸ってもらうなど、企画が必要かと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/233-fa1db8ff

鶺鴒三種  | Main |  小啄木鳥

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。