FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸葉崑崙草

060407-konron1.jpg

丸葉崑崙草 マルバコンロンソウ Cardamine tanakae
アブラナ科タネツケバナ属

コンロンは中国の崑崙山脈に由来するといわれますが、
その詳細は不明です。
種浸花科なので似ています。

他4枚掲載しておりますご覧ください。 060407-konron2.jpg

060407-konron3.jpg

東一華 アズマイチゲ A.raddeana
キンポウゲ科イチリンソウ属
白花の東一華も咲いていました。花弁は無く萼片です。
060407-konron4.jpg

060407-konron5.jpg

カタクリ-吾国山 | Main | 菊咲一華

コメント

これって・・・

タネツケバナとは違うんですね。
トップ画像を見ると、一瞬キンポウゲ科の花かな?
などと思っちゃいました(^◇^;)

アズマイチゲも元気に咲いていますね。
今年はGWは東北地方へ行けるかなぁ?
やはり栗駒山麓の春には大きな魅力を感じますから。
最近はちょっと遠出が出来ない微妙な状態の私です。

ZEISS さん

タネツケバナ属 ですが、違うようです。
バンザイしてる手が無いからかな?
崑崙などどと不思議な名前ですが崑崙山脈に
沢山咲いてるのでしょうか?

常陸の国では、キクザキが多いようです。
県北の花園でもキクザキイチゲの白がありました。
東北の山は、山野草が多いですね。
以前登った、早池峰のウスユキソウ今一度と思います。
写真をしてない頃登りましたので。

おはよう^^
マルバコンロンソウっていうのですか。
難しい名前ですね。

確か、カタクリのお花の傍らで咲いていましたね。
お聞きしたいなあって思っていました(^-^)

京花さん

誰が名づけたのか難しい名前です。
いろいろな名前、いろいろな花があるものです。
崑崙山脈にたくさんあるのではなく、
花が其処の雪のように白いからとのことです。
何所の雪も白いことは白いですが・・・。
イメージですね。

山だけでなく里にもあるようですよ。

本当、種漬花に似ていますね。
葉っぱが違うのかしら。そういえばバンザイしてませんよね。
一枚目のお写真がとても好きです。

東一華も清楚で素敵。
見たいと思っていたので嬉しいです。

house cafe さん

カタクリやいろんな花に混じって咲いていました。
最初、種浸け花がこんな所まで
と思いましたが、良く見ると違うようなので
撮っておきました。

東一華は、数が少なくいいカットが撮れませんでした。
また今度探してみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/19-8f0f7401

カタクリ-吾国山  | Main |  菊咲一華

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。