FISH EyE Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猩々袴

060329-syo1.jpg



カタクリを探し山へ行ったのですが、
猩々袴が可憐な花を咲かせていました。
まだ見たことはありませんが、白花猩々袴もあるそうです。

名は花を猩々(猿の一種、中国の伝説上の動物又は、
能楽で使う能装束の空想上の動物)の赤い顔に、
葉の重なりを袴に見立てたものとのことです。

猩々袴 ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis
ユリ科ショウジョウバカマ属

他5枚掲載しておりますご覧下さい。
060329-syo2.jpg

060329-syo3.jpg

060329-syo4.jpg

060329-syo5.jpg

060329-syo6.jpg


種浸花が並んで | Main | 山茱萸の花

コメント

これは素晴らしい!

すみません・・・・こちらにコメントで・・・。新しいほうにはコメントできないようなので。。
雅陽さんもそのようなことをおっしゃってましたね。

以下は素敵なショウジョウバカマのコメントなんですが・・・こちらをお借りして・・。
あまりに素敵なので・・・。

これは素晴らしい! 素晴らしい!!
やはりさすがに里山の自然で自生、群生は見事ですね~\(^o^)/
26日に行った自然教育園は一輪でしたからァ~~♪
白い花も清楚なんでしょうね~~。


こちらにて失礼しました。。。。^^;

申し訳ありません

お越し頂きコメント頂いたのに反映されず
どうも申し訳ありませんでした。

昨夜メンテをしてタグを落としたようです。

カタクリを探しに行ったのに
おもいもかけず猩々袴の群生に出会い
とても嬉しかったです。カタクリより早く咲くようですね。

>自然教育園は一輪でしたからァ~~
そうですか、まだまだこれから咲くのでは?
5月の連休に蔵王でカタクリといっしょに群生を見たことも
ありますので。白はまだ見てません。

こんにちは。
猩々袴っていうのですか。
淡い紫がとっても素敵なお花ですね^^
群生しているところを見つけられて、良かったですね(^―^* )

京花さんこんにちは

此花の分布は、北、本、四、九となって
ますので其方でも見られるかと思います。
春の野にカタクリと共に素敵な花ですね。

思わぬ所に咲いていたので嬉しくなりました。

統計上、和さんは群生の花に巡りあう確立が高いような気がします。
前のブログの群生も貼り直して、「群生」のカテゴリーがあったら続けて見られて壮観かも。。。
と、ちょっと思いました。
ショウジョウバカマ、ブログでしか見たことがありません。
とても素敵、ありがと~(^^)/

雅陽 さん

統計取ってるんですか。(笑)
「群生」、「群落」等の言葉にとても弱いんです。
ちなみに谷村さんの「群青」も十八番です。(笑)
何処までも出掛けて行きたくなります。

「群生」カテ、いいですね。そのような素敵な写真が
貯まりましたらHP(現休止中)にUPしたいと考えています。

猩々袴、茨城県の植物園にもありましたよ。120円で見られます。
以前は、何処でも見られたのですが盗掘などにより減っているようです。
栃木県の小川町、又は矢板市の八方ヶ原では
昨年5月の連休に見ました。三つ葉躑躅といっしょにあります。

猩々袴

小さな花もアップにすると、また別の世界が広がりますね。
とても可愛いし、アップはキレイ。
こんな可愛い花に「猩々」という名前がつけられていることもちょっと驚きです。
赤系の色つながりなのかな?

すてき!!

美しい花ですね。
淡い紫がとても素敵。
なんだか古典を読んでいるときのような不思議な感覚を覚えました。
儚く美しい女性のイメージです、自分勝手なイメージですが。

一枚目と、最後の写真が大好きです。

ほっと・・癒されています・・

和さん、ご無沙汰でした。 3日から更新も致さず・・挙式を終えても結構後々雑用の日々、
パソコンに向かう余裕もありませんでしたが転居の通知と和さんのひと言で、
メモを辿り少しは更新にこぎつけました。 ありがとうございました。

相変わらず・・いえ久しかった分、以前にも増して素敵です。
息づかいが聞こえる・・とは、このような写真のことでしょうか。
猩々袴・・花を踏まないように、気をつけながら花のやさしさや可憐な美しさを覗きながらシャッターを・・。
なんだかこちらに来て、久しぶりにほっと・・癒されました。

hanahana さん

猩々は、どうやらオラウンターンのこと
らしいですが、赤い毛がそんなふうに感じられた
のでしょうか?
違った名前もあるように私も思います。

春早くに里山に咲く猩々袴、カタクリと並んで
素敵な花ですね。

house cafe さん

スプリング・エフェメラル(春の儚い命)
まさにそんな花です。

>儚く美しい女性のイメージです。
そうですねちょっと触れると消えてしまいそうな
可憐な花です。
早春の里山は、グリル童話のような
不思議の国へ迷い込んだようです。

みくさん

少し落ち着きましたか。
忙しいのだろうと思いつつ、訪ねていただくのを待っておりました。
何とか時間が取れるようになり良かったですね。

そうですね。このような場所は見えない所ににも
花芽が隠れていたりするので大変です。
そっと写真だけ撮らせて頂いたます。

ゆっくりとした時間を花たちと過ごすだけも素晴らしいのでしょうが、
皆さんと共有するのも大切かと・・・。
拙い写真をお届けしております。


こんばんは~。
さすがにショウジョウバカマの群生、見事ですね!
和さん、撮影するのは大変でしたでしょ!
私、京花さんに倣って敷物持参で行こうと決めたのに忘れて・・・
TBさせていただきますね。

八千草さん

今の時期は、落ち葉や枯れ草があるので
所かまわず腹ばいになって、
撮影しております。

きょうもカタクリを撮りに行ったのですが、
腹ばいになってましたら、
近くでアングルファインダーを使って上品に
撮影されてる方がおり、さすがに参りました。
買わなければと思います。

TBありがとうございます。

いい花です

ショウジョウバカマは独特の形をした花ですから、
一度見たら忘れることができませんね。

私が初めて見たのは○十年前の長野県にある
高層湿原でのことでした。
名前が分からずに撮影して、帰ってから調べたら
ショウジョウバカマとのことでした。

それからは、毎年のように探しています。
でも、なかなか身近では咲かない花です。
どこかでみつけたいものです。

ZEISS さん

カタクリと並んで猩々袴も春の訪れを
告げる、うす紫。いい花ですね。

思いがけない所で見つけることが
あります。
おおきな群落は、つくらにのかあまり注目
されて保護されてる場所は少ないようです。

今後カタクリのように保護されるのではと思われます。
まだ、行ってないのですが栃木県の小川町では、
カタクリといっしょに保護してるようです。

こんにちは。
TBありがとう。

京花さん

こちらこそありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのTB-URL

http://fisheye.blog57.fc2.com/tb.php/10-45f903e9

目黒 自然教育園  そのニ     06.03.26

カタクリ(片栗)  <ユリ科>  2帖ほどの面積で8分咲きでした♪ キクザキイチゲ(菊咲き一華)  <キンポウゲ科>いろいろな場所で咲いてます。 

ショウジョウバカマ(猩々袴)

葦毛湿原のショウジョウバカマです。目的はジョウジョウバカマとハルリンドウを見たくて行ってきました。カタクリの山も葦毛湿原から登っていけば見られたようでしたが生憎、時間

ショウジョウバカマ(猩々袴)  

ユリ科 色んな色のショウジョウバカマにあえました。

種浸花が並んで  | Main |  山茱萸の花

CALENDER

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
    

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

PROFILS

和さん

和さん

水戸から発信してます。山野草をメインにUPしてます。冬は花がないので野鳥も少々。過去ログは、FISHEYE 過去ログ にありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。TBをかける際には、必ずコメントを残して下さい。断りなくかけたTBは、削除させて頂きます。よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。